Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME 山行記録 >白山

白山

2016/09/01-02

Mt.hakusan

天候:晴れ

白山登山地図

白山 2702m 標高差 1468m 水平移動距離 19.4Km

白山は日本百名山、花の百名山に選ばれる山で花が咲く頃は、沢山の登山者が訪れるあこがれの山である 今回は平日を利用して別当出会から山に取り付き、白山室堂で宿泊して白山を楽しむことにした 花の時期には遅いが意外に数多くの花に出会えることが出来た


登山ルートruto
9/1 別当駐車場5:20ruto別当出会ruto中飯場ruto甚ノ助避難小屋ruto甚ノ助分岐ruto白山延命水ruto黒ボコ岩ruto五葉坂ruto白山室堂ruto御前峰ruto白山室堂12:20
9/2 白山室堂4:20ruto大汝峰ruto千蛇ヶ池ruto白山室堂ruto黒ボコ岩ruto殿ヶ池避難小屋ruto別当坂分岐ruto別当出会ruto別当駐車場11:40


別当出会駐車場 地図 → Mapion  マップコード 791 748 475*28 標高1230m

別当駐車場
登山口
▲ 別当駐車場
▲ 登山口

前日の夕方駐車場に着くと日帰りの登山者が平日でもポツポツ降られてくる 稜線が見えてかなり風が強そわざと1日ずらしたが明日風が弱まるか心配 夜になると更に風が強まり車も大きく揺れるようになり、下段の大きな駐車場に車を移し仮眠する 早朝は少しは登山者が増えるがわずかで有る


別当出会
吊り橋
▲ 別当出会
▲ 吊り橋

駐車場から林道を使わずに別当出会に出る 登山届けを提出して、ここから観光新道か砂防新道に分かれるが悩んだ末に砂防新道から行くことにする 大きな吊り橋を渡り通常の登山道になる 登山意外にも砂防ダムに向かう林道があり、すぐ隣を車が通り騒がしい所もある


岩の階段
中飯場
▲ 岩の階段
▲ 中飯場

登り始めから岩の階段が続き中飯場に出る トイレも有り水を汲める所もある 甚ノ助谷と別山尾根が見えて居る 砂防ダムに向かうヘリが何度も沢を行き回して忙しく飛んでいる


甚ノ助避難小屋
白山延命水
▲ 甚ノ助避難小屋
▲ 白山延命水

樹林帯の登山道でほとんど岩の階段が続き視界は良くない 小屋が見えると甚ノ助避難小屋に着く 水場もあり大きな小屋で避難小屋なのは少々もったいない気がする 小屋の先に南竜ヶ馬場に向かう分岐に出てこの先トラバース道で少しは楽な登山道になり、きれいなカライトソウが咲いていた 黒ボコ岩手前に水場が有り,水を頂くと久しぶりの美味しい水で水量は少ないが水を入れ替える


馬のたて髪

▲ 馬のたて髪

カライトソウ

▲ カライトソウ

黒ボコ岩
弥陀ヶ原
▲ 黒ボコ岩
▲ 弥陀ヶ原

大きめな岩が見えると黒ボコ岩で、観光新道と合流して歩きやすい道になり弥陀ヶ原に出る笹が目立つ草原でようやく白山の姿を望める 白山室堂は丘のような五葉坂を越えなくてはならないが花を探しながらゆっくりと進む 


弥陀ヶ原から別山

▲ 弥陀ヶ原から別山

五葉坂(右)と御前峰

▲ 五葉坂(右)と御前峰

白山室堂
神社
▲ 白山室堂
▲ 神社

11時前に室堂に着くが受付は13時なのでクロユリが咲くだろうと思われる室堂平に進むが花はポツポツ程度でまた室堂に戻り、御前峰に登る やはり岩が多い登山道で日差しも強く力まないで登る そんな中、白装束のホラ貝を吹く方が居て信仰の山だと感じる 


御前峰から別山

▲ 御前峰から別山

御前峰
御前峰神社
▲ 御前峰
▲ 御前峰神社

山頂はガレ場であるが意外に広い 天候は曇りがちで別山は見えて居るが北側の山並みは見えず少々残念 山頂に神社があるが塗装工事でペンキの臭いがして雰囲気は良くない 別山も姿がよい山であるが登山道は崖の側を行く尾根で簡単ではなさそうに見える 


御前峰から大汝峰

▲ 御前峰から大汝峰

自炊棟
小屋内部
▲ 自炊棟
▲ 小屋内部

13時前に室堂着く 受付を済ませ自炊棟に案内される 料金は5300円で外に水場もある 建物は内部二階建てで80人は楽に泊まれそう あとから来られたご夫婦が来られただけで静かそのもの もちろん布団は用意されて避難小屋とは違う 夕焼けは始めにかなり低い位置が赤く染まりあそこは何だろうと見ていると他の方も同じ考えで答えは?海 雲が流れて意外に良い夕焼けを望めた 次第に海岸線が見えて納得 同部屋のご夫婦は横になっていて居るので起こしたりはできない 夕方になると寒さが増し素手では手がかじかむほどで薄いグローブで夕暮れを待つ


夕焼け

▲ 夕焼け

夕焼け

▲ 夕焼け

日没

▲ 日没

早朝の御前峰
翠ヶ池
▲ 早朝の御前峰
▲ 翠ヶ池

早朝夢に起こされ、軽い朝食を済ませて暗い中、山頂に向かう すでに10人ほどの方がご来光を待っていた 穂高から白馬の山脈が見られ、南には御嶽山や南アルプスも望めた 夕方ほど冷え込まず爽快な朝を迎える 


朝焼け

▲ 朝焼け

穂高からの日の出

▲ 穂高からの日の出

大汝峰

▲ 大汝峰

剣が峰

▲ 剣が峰

大汝峰
大汝峰山頂
▲ 大汝峰
▲ 大汝峰山頂

ご来光を望んだあと大汝峰に向かう 池が点在した登山道で草は少なく写真を写しながら大汝峰に取り付く 大きな岩があり三点指示で登ることもある登山道で山頂に出る 誰も居なく自分だけ占有


御前峰と剣が峰<

▲ 御前峰と剣が峰

大汝峰神社
千蛇ヶ池
▲ 大汝峰神社
▲ 千蛇ヶ池

山頂は広く神社もある 少し離れたところに緊急用の避難小屋が有るがほとんど使われていない 北側には七倉山が見えて居て登山道も長く続いている 機会が有れば歩いてみたいルートです 


七倉山

▲ 七倉山

黒ボコ岩
馬のたて髪
▲ 黒ボコ岩
▲ 馬のたて髪

これからは下山で千蛇ヶ池を過ぎるとわずかに登り返し室堂に着き下界の林道の情報を得て問題なく、南竜ヶ馬場に寄ろうか迷うが下りは観光新道で降る 黒ボコ岩を過ぎると馬のたて髪と呼ばれる尾根道に出る 気持ちがよい登山道で長い間別山を長めながら降ると意外に花が咲いている


ウラジロナナカマド

▲ ウラジロナナカマド

気分がよい尾根

▲ 気分がよい尾根

南の山脈

▲ 南の山脈

殿ヶ池避難小屋
殿ヶ池
▲ 殿ヶ池避難小屋
▲ 殿ヶ池

やがて殿ヶ池避難小屋が見えてきて小屋の前のベンチで休憩 登山地図には水場があるように見えるが池は飲料に適さない水で、雨水を蓄える物があるがあまりお勧めできない 小屋の内部にはトイレと10人ほどが泊まれるスペースがあり清掃されてきれいな小屋である 


小屋の裏手

▲ 小屋の裏手

小ピーク
仙人窟
▲ 小ピーク
▲ 仙人窟

尾根を歩きながら小ピークに登山道が付いているのが読める 大きな岩石が積まれた仙人窟を通過する人が通れるほどの大きな空間がありそこを通ると別当分岐に出る 昨日登った砂防新道が見える、崩壊が進む崖の上にあるが石畳の登山道でないと保たないだなと感じる


砂防新道

▲ 砂防新道

別当坂
別当の湧き水
▲ 別当坂
▲ 別当の湧き水

登山地図で多少はきつい下りになると思っていたがやはり急勾配が待っていて階段状になり登りにはきつい登山道になる やがて沢ノ音が聞こえるとようやく別当出会にでる 湧き水を頂き駐車場に戻ると広い駐車場は8割方埋まっていて人気の山と感じる 休みが取れたので白山に登ってみたがやはり花が咲く時期はもっと良い気分にさせてくれる山だと感じる 


白山登山グラフ

▲ 白山登山グラフ

白山登山グラフ

▲ 白山登山グラフ

白山に咲く花

オオアキギリ
ツルニンジン
ハクサンタイゲキ

カメバヒキオコシ
キツリフネソウ
ヤマハハコ

センジュガンビ
イヌトウバナ
タテヤマアザミ

カライトソウ
ハクサントリカブト
シナノオトギリ

ミヤマキンバイ
ミヤマタネツケバナ
イワツメクサ

ガンコウラン
コケモモ
シラタマノキ

イワギキョウ
ウラジロナナカマド
イブキトラノオ

アオノツガザクラ
ミヤマキンポウゲ
ヨツバヒヨドリ

タカネマツムシソウ
タチコゴメグサ
タテヤマウツボグサ

リンドウ