Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録>一切経山 山行記録

一切経山

Mt.issaikyouzan

2020/09/21

天候:曇りのち一時晴れ

一切経山

一切経山1948m 標高差 757m 沿面距離 16Km 累積標高1217m

一切経山は吾妻連峰にある三百名山に属する山で、人気のルートは浄土平から登るルートがポピュラーだが、今回は吾妻スカイラインの不動沢から自然豊かなルートを選択する


登山ルートruto
不動沢駐車場賽河原山鳥山湯の平井戸溝慶応吾妻山荘分岐慶応吾妻山荘硯石大根森 家形山分岐五色沼一切経山五色沼家形山大根森硯石慶応吾妻山荘井戸溝湯の平山鳥山山鳥山賽河原不動沢駐車場


不動沢駐車場 → Mapionマップコード 475 274 645*36
 標高1190m 緯度:北緯 37°45′ 2″ 経度:東経 140° 17′ 4″

不動沢駐車場
登山口
▲ 不動沢駐車場
▲ 登山口

不動沢駐車場は吾妻スカイラインの中腹にある駐車場だが、看板はつばくろ谷の看板が有りややっこしいところである 車中泊をしていると寒さを感じる季節で車の窓が曇る 早朝の気温も12℃と冷え込んでいる 皆浄土平に向かわれるので先行される方は一人のみ 登山口は大型駐車場?の高湯温泉側にある


賽河原
井戸溝
▲ 賽河原
▲ 井戸溝

登山口には山小屋の方が使われる歩荷の機材が積まれている フェンスの登山口から山に取りつくとすぐに沢があり、渡渉する 天候は曇りで深い樹林帯になり誰も居ない 深い樹林帯で見晴らしがなく賽河原だけ休憩スペースがある 賽河原から山頂に行ける分岐が有るが、木の枝があり通行止めか? この辺りで、登山道を塞ぐように熊の痕跡を見つける ここにも熊が居たのか? 分岐から山鳥山の看板が有るところまで、ほとんど標高を稼げずダラダラした登山道が続く 井戸溝には橋があり隙間もある橋だが意外に揺れない


慶応吾妻山荘分岐
湿原
▲ 慶応吾妻山荘分岐
▲ 湿原

慶応吾妻山荘の看板が有りClosedの看板があるがちょいと偵察 ここだけ広い湿原が広がり低い笹に覆われているが開放的な場所になる


湿原

▲ 湿原

慶応吾妻山荘
水場
▲ 慶応吾妻山荘
▲ 水場

湿原を通過すると森の中に入り小屋が現れる 人の手が入り誰も居ないが雰囲気が良さそう パイプからおいしい水が勢いよく流れている


硯石
大根森
▲ 硯石
▲ 大根森

登山道に戻り徐々に高度稼ぐと硯石に出る 分岐になっていて迷わず直進 やがて視界が開けると大根森と呼ばれるピークに出る 天候は曇りで福島の街並みがぼんやり見える


稜線
稜線手前
▲ 稜線
▲ 稜線手前

大根森から稜線がようやく見えて150mほどの登りが待っている 稜線手前はガレ場で背丈が高い木々は少なくなる 登りきると目の前に五色沼と一切経山が現れる ここまで誰にも会わず静かそのもの 五色沼を周回するように登山道が続き山頂を目指すが山頂は大勢の方がすでに登られているのが解る


五色沼

▲ 五色沼

五色沼

▲ 五色沼

青い五色沼

▲ 青い五色沼

雲が流れる

▲ 雲が流れる

アサギマダラ

▲ 西吾妻

木道
山頂手前
▲ 木道
▲ 山頂手前

稜線はやや強い風が吹き寒さを感じ雨具を重ね着する 周回路はザレ場で次第に木道が現れ、次第に山頂手前からガレ場になる 西吾妻に続くルートが見え大きなリュックを担いだ、縦走する方もわずかに見かけた 風に乗り雲が近づいてくる


一切経山
登山者
▲ 一切経山
▲ 登山者

山頂は広いスペースで、大勢の方が登られている 雲が無ければ広範囲に素晴らしい景色が望めたはずだが残念 東吾妻まで行こうとするがあまりにも人が多く鎌池が望めるところでUターン


吾妻小富士

▲ 吾妻小富士

鎌池

▲ 鎌池

五色沼

▲ 五色沼

縦走ルート

▲ 縦走ルート

森の主

▲ 森の主

緑の湖面

▲ 緑の湖面

静かな魔女

▲ 静かな魔女

家形山分岐
家形山山頂
▲ 家形山分岐
▲ 家形山山頂

一切経山に登り返し、日が差さないかと待機するが諦め 家形山に向かう 五色沼から60mほど登り数人の登山者が居る 静かなピークで自分好み 家形山から縦走路を偵察してみたが藪ではなく、笹も刈られていて整備されている登山道である 


ガスが流れる

▲ ガスが流れる

米沢市

▲ 米沢市

大根森に戻り天候が良くなってきたのか米沢の街並みが見えてくる そばにいた一人の登山者に天候が良ければ蔵王と大朝日が見られると教わる その方と話しながら下り、慶応吾妻山荘に寄り道すると小屋が開いている 以前管理されたかたではなく若い方が引き継がれていて、小屋を維持しているようだ 山の情報を教わり山を維持するにもやはり人手がないといけないと感じた 


国土地理院の電子地形図(タイル)に登山ルートを追記して掲載

一切経山グラフ

▲ 一切経山グラフ

一切経山に咲く花

ゴゼンタチバナ
オヤマリンドウ
シラタマノキ

ガンコウラン
ヤマハハコ
ツルツゲ