Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています


富士外輪山

黒岳

Mt.kurodake

2017/06/17

天候:曇り時々晴れ

黒岳登山地図

黒岳1793m  釈迦ヶ岳1641m 標高差 406m 水平移動距離 12.6Km

黒岳は富士外輪山にある小さなピークで富士山を眺めるには良いところに有る山である 今回は山に花が咲く頃を狙いスズラン群生地から黒岳と釈迦ヶ岳を登るルートを選ぶ


登山ルートruto
スズラン群生地駐車場6:45ruto新道峠ruto破風山ruto黒岳9:25ruto黒岳展望台rutoどんべえ峠ruto府駒山ruto釈迦ヶ岳12:20ruto釈迦ヶ岳登山口rutoスズラン群生地駐車場14:05


 スズラン群生地駐車場 地図 → Mapionマップコード 59 208 552*54 標高1325m

スズラン群生地駐車場
釈迦ヶ岳
▲ スズラン群生地駐車場
▲ 釈迦ヶ岳

前日の夜着くが誰も居なく静かな駐車場で上空には星空が出ている 翌朝早く出ても花を探すには意味がないのでゆっくりと駐車場を出る 黒岳まで近道の登山ルートが有るが見晴らしが良さそうな新道峠から登ることにする


林道終点
登山口
▲ 林道終点
▲ 登山口

駐車場から1時間ほど林道を歩いて途中、釈迦ヶ岳の姿が見えかなり尖った姿を見せている見晴らしがほとんどない林道を進み, 林道終点に着く 数台の車が居て奧からが新道峠の登山口になる


新道峠
河口湖
▲ 新道峠
▲ 河口湖

短時間で新道峠に到着 河口湖は見えて居るが富士山は雲の中 ツツジや小さな花が咲き始める 天候は曇り空で風はほとんどない 鳥のさえずりを聞きながら稜線を進む


展望台の見晴らし

▲ 展望台の見晴らし

富士山

▲ 富士山

破風山
登り返し
▲ 破風山
▲ 登り返し

切り開かれた富士展望台が二カ所あり、花を探しなら登ると富士山の山頂だけが見えてくる 破風山まで来るが樹林帯で山頂の見晴らしは無い コルまで降りまた登り返す 黒岳手前からつづら折りの登山道になり蝉の鳴き声がやたらうるさい


黒岳山頂
黒岳展望台
▲ 黒岳山頂
▲ 黒岳展望台

黒岳山頂も見晴らしがなく少し離れたところに展望台があり寄ってみる 霞んでいるが天候も良くなり富士山をしばし眺める 登山者はわずかで静かな山である


展望台からの眺め

▲ 展望台からの眺め

残雪残る富士

▲ 残雪残る富士

カモメラン

▲ カモメラン

黒岳分岐
どんべい峠
▲ 黒岳分岐
▲ どんべい峠

黒岳から降り分岐からどんべい峠に向かう 花の姿はほとんど見かけず深い樹林帯で小ピークをいくつか越えて舗装された林道に出る ここも駐車場が無いが路肩に数台の車が駐められていた 林道をまたぎ釈迦ヶ岳に向かう


府駒山
岩場
▲ 府駒山
▲ 岩場

府駒山に出るがここも見晴らしが無く登山者も忘れた頃にしか合わない 咲いている花はツツジぐらいで黙々と先に進む 釈迦ヶ岳手前から岩場でロープが垂れ下がり岩を掴んで細い稜線を進む


お地蔵様
釈迦ヶ岳
▲ お地蔵様
▲ 釈迦ヶ岳

釈迦ヶ岳の山頂は大きな岩ばかりで、休憩スペースは狭い 富士山と甲府の町並みが見えて居る


雲に隠れる富士

▲ 雲に隠れる富士

ロープ
上芦川分岐
▲ ロープ
▲ 上芦川分岐

山頂からどんべい峠に戻るかこのまま林道に戻るか迷うが、林道に戻るルートを選択して釈迦ヶ岳を降る 細い岩場の登山道でロープがある急なところを数回通過して降り分岐から落ち葉が堆積したつづら折りの登山道を下る やがてコンクリートの舗装された道になり、林道に出る 日差しはあるが大汗はかかず黙々とアルファルトの道路を進むダラダラとした登りでようやく駐車場にもどり今回の登山を終える


黒岳登山グラフ

▲ 黒岳登山グラフ

黒岳に咲く花

ヤグルマソウ
マムシグサ
マイヅルソウ

クサタチバナ
ユキザサ
チゴユリ

ウマノアシガタ
ミツバウツギ
ササバギンラン

グンナイフウロ
サラサドウダン
ベニバナツクバネウツギ

カモメラン
ヒロハヘビノボラズ
ルイヨウボタン

ヤマツツジ
コツクバネウツギ
コゴメウツギ

フタリシズカ
アヤメ
サンショウバラ

ナツトウダイ
ケウツギ
モミジイチゴ

シロバナノヘビイチゴ