Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています


HOME 山行記録 >西天狗岳

西天狗岳

Mt.nisitengutate

天候:快晴

西天狗岳 登山地図

西天狗岳 2646m 東天狗岳2645m 標高差 786m 水平移動距離 8.9Km

八ヶ岳にある西天狗岳に登る この山は日本二百名山に選ばれる山で、東天狗岳には登っているが今回は唐沢鉱泉から西天狗岳に登る 唐沢鉱泉は1月を過ぎると営業を中止してしまうので、残雪期は車を登山口まで乗り居れ無いかも知れないので注意が必要


登山ルート
 唐沢鉱泉駐車場6:00rutoしゃくなげ橋ruto 枯尾の峰分岐ruto第一展望台ruto第二展望台ruto西天狗岳10:20ruto 東天狗岳11:00ruto 中山峠ruto黒百合ヒュッテruto渋ノ湯分岐ruto唐沢橋ruto唐沢鉱泉駐車場13:30

唐沢鉱泉駐車場 地図 → Mapionマップコード 218 684 473*1 標高1860m
   

唐沢鉱泉から西天狗岳

しゃくなげ橋
枯尾の峰分岐
▲ しゃくなげ橋
▲ 枯尾の峰分岐

唐沢鉱泉手前にある登山専用駐車場に車を駐め仮眠するが、路肩の駐車場で車は傾き仮眠していると寝づらく苦痛になる 早朝の気温は-8Cと冷え込んでいる 登山口は唐沢鉱泉の先にあるしゃくなげ橋を渡る 薄手のグローブでは耐えられなくオーバーグローブを着用する


僅かな雪
第一展望台
▲ 僅かな雪
▲ 第一展望台

枯尾の峰分岐付近は雪がわずかで土が見えるところもありちょいと寂しい感じ 樹林帯で視界が効かない登山道をつづら折りに登る 青空が見えてくると第一展望台に出る ここからはスカッとした視界が効くところで南アルプスから白馬の山脈まで見渡せる所である


赤岳

▲ 赤岳

御嶽山

▲ 御嶽山

蓼科山

▲ 蓼科山

展望台からの眺め

▲ 展望台からの眺め

第一展望台
ようやく積雪
▲ 第一展望台
▲ ようやく積雪

第一展望台からはようやく積雪が増えてきて坪足で歩くのが楽しい 展望台だけ視界が効くところで日陰は冷え込んでやはり寒い


北アルプス

▲ 北アルプス

第二展望台
急な下り
▲ 第二展望台
▲ 急な下り

狭い尾根を進むと切り立った尾根になり、西天狗が見えてくると第二展望台に着く ここは少し切り開けたところで天狗岳から根石小屋から硫黄岳が望める場所で有る これから西天狗岳の登りが控えているのでアイゼンを装着する 展望台もったいないが下りガレ場の下に出る


西天狗岳

▲ 西天狗岳

展望台を望む

▲ 展望台を望む

連なる北アルプス

▲ 連なる北アルプス

中央アルプス

▲ 中央アルプス

ガレ場
西天狗山頂
▲ ガレ場
▲ 西天狗山頂

大きめな岩の隙間を行くとマーキングされていて夏道を登る ハイマツ帯が見えてくれば山頂はもうすぐである 他の登山者を見るとアイゼンではなくシューズチャーンで登る方が居たがこの場所では不向きなので、ご一考してほしいと思う 西天狗山頂は意外に広く眺めが良いところでほとんど風が吹かない 小春日和に感じる


西天狗の登り

▲ 西天狗の登り

硫黄岳

▲ 硫黄岳

聳える赤岳

▲ 聳える赤岳

西天狗の下り

▲ 西天狗の下り

西天狗

▲ 西天狗

東天狗

▲ 東天狗

西天狗と中央アルプス

▲ 西天狗と中央アルプス

東天狗岳山頂
中山峠
▲ 東天狗岳山頂
▲ 中山峠

西天狗からの下りはアイスバーンは無いが、意外に急でアイゼンを効かせ降る コルまで降り東天狗を見上げると以外に良い姿をしているが積雪が少なくちょいと寂しい 東天狗まで直登して山頂に出ると奥秩父の山はほとんど雪がなく茶色に見える この辺りから風が強まるが耐えられないほどではない 。


浅間山

▲ 浅間山

稲子岳

▲ 稲子岳

黒百合ヒュッテ
渋ノ湯分岐
▲ 黒百合ヒュッテ
▲ 渋ノ湯分岐

中山峠まで足早に降るが樹氷が無く残念 黒百合ヒュッテのテント場を過ぎて小屋前でアイゼンを外し休憩を取る 日当たりがとても暖かくこれでも一月かと勘違いしたくなる暖かさ 小屋から暗い樹林帯で日陰は寒さを感じる 沢沿いを降ると何人もの方が大きなリュックを背負い合うたびに道を譲る 


カモシカの足跡

▲ カモシカの足跡

唐沢の橋
唐沢駐車場
▲ 唐沢の橋
▲ 唐沢駐車場

沢沿いの登山道からトラバース道になり、アイスバーンを注意しなが歩くが未だにアイゼンのままの方が居て坪足の方が歩きやすいよと教えたくなる 木の根を痛めないためにもお勧め唐沢の橋に出て林道を進むと唐沢鉱泉に出て登山専用の駐車場に着き登山終了 当然唐沢鉱泉で入浴して帰路につく


西天狗岳標高グラフ

▲ 西天狗岳標高グラフ