Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています


焼石岳

Mt.yakeisidake

2018/06/25

天候:悪天 強風

焼石岳登山地図

焼石岳1548m  標高差 828m 水平移動距離 14.6Km

焼石岳は岩手にある200名山に属する山で花の時期には人気の登山コースである 登山口も4カ所あるが夏油温泉からのルートは通行止めで花が多そうな中沼登山コースから登ることにする 東北道から国道397号で胆沢ダムに向かいダムに出た所に中沼登山口の看板があるのでそれに従う カロッツェリアのカーナビは一般道でないので拒否した 国道から6.8kmほど砂利道の細い道路で途中看板がない


登山ルートruto
中沼登山口ruto中沼ruto上沼rutoつぶ沼コース分岐ruto銀明水ruto銀明水避難小屋ruto姥石平ruto 泉水池ruto横岳分岐ruto焼石岳ruto横岳分岐ruto泉水池ruto姥石平ruto銀明水rutoつぶ沼コース分岐ruto石沼ruto中沼ruto中沼登山口


 中沼登山口駐車場 地図 → Mapionマップコード 715 210 266*35 標高720m

中沼登山口
中沼登山口駐車場
▲ 中沼登山口
▲ 中沼登山口駐車場

だれも居ないと思っていたら早朝から登山者がやってくる 晴れているが木々は強風に揺られて早く登っても風に巻かれるだけなのでゆっくりと樹林帯を登る 登山口から湿地帯のところで水が流れている 他の登山者は熊鈴やストックを叩いて登る方も居た


中沼

▲ 中沼

湿地が広がる中沼

▲ 湿地が広がる中沼

湿原
沢のような登山道
▲ 湿原
▲ 沢のような登山道

樹林帯を登ると開けたところに出て中沼にでる 山頂が見えず雲に巻かれている 沼の畔を進みつぶ沼コースの分岐を過ぎると湿地帯で、木道を進むと沢のような登山道になり小さな花が意外に咲いていて岩の上を進むと上沼にでる。


上沼

▲ 上沼

リュウキンカの湿原

▲ リュウキンカの湿原

雲が抜けない

▲ 雲が抜けない

湿原が多い

▲ 湿原が多い

つぶ沼分岐
橋
▲ つぶ沼分岐
▲ 橋

次から次へと湿原が出てきてリュウキンカやミズバショウが目立つところで、沢を二回ほど渡る 登山道は木道がかなりあり良く整備されている 雪渓が見え登りやすいようにステップが掘られていて雪渓を通過


銀名水
銀名水避難小屋
▲ 銀明水
▲ 銀明水避難小屋

雪渓を回り込むように進むと開けたところに出て銀明水にでる くせのない冷たい水で小屋を利用される方は有り難い水である 避難小屋は登山道からわずかに離れていている 小屋内部はきれいで、先行された方が余計な荷物を置かれていた 小屋前の雪渓を登り進むと大きな雪渓が出て視界が良くなる


下界は晴れている

▲ 下界は晴れている

雪渓
沢の登山道
▲ 雪渓
▲ 沢の登山道

雪渓を登りきるとまた沢のような登山道になる 赤テープは無いが水が流れる細い登山道を登るので迷いは無い


徒渉
姥石平
▲ 徒渉
▲ 姥石平

沢を渡るのはわずかであるが高い木々は少なくなり広く開けた草原になる 石が積まれた姥石平から稜線が見えてくるが風が強く雲の中に入ってゆく


姥石平

▲ 姥石平

姥石平
泉水沼
▲ 姥石平
▲ 泉水沼

登山道は岩が多く岩の下には水が流れ夏でも涼しそうな場所で、泉水沼にでる ミネザクラが咲いていてハクサンイチゲの群落も見られる まだ沼には残雪が多くちょっと神秘的


泉水沼

▲ 泉水沼

雪渓

▲ 雪渓

ハクサンイチゲの群落

▲ ハクサンイチゲの群落

チングルマの登山道

▲ チングルマの登山道

横岳分岐
焼石岳山頂
▲ 横岳分岐
▲ 焼石岳山頂

登山道に流れていた水は泉水沼までで、泉水沼から雪渓を登り通常の登山道となり横岳分岐に出る 雲の切れ間に雪を頂く尾根が見えるがすぐに雲に隠れる 分岐から山頂はわずかに登り山頂に出るが強風で周りの景色が解らずすぐに下るこの辺りは高山植物が多く見られる場所でもある


霞む雪渓

▲ 霞む雪渓

ホソバイワベンケイ

▲ ホソバイワベンケイ

ミネザクラ

▲ ミネザクラ

銀名水避難小屋
つぶ沼分岐
▲ 銀明水避難小屋
▲ つぶ沼分岐

目的の花を探すがまだつぼみで空振り。。ヒナザクラは登山道に流れる水の中で耐えるように咲いていた 姥石平を過ぎると日差しが戻り山頂の寒さから暖かさを感じ雲の下に出た 意外にもまだ登る方が居て山頂の様子を話しながら下る 避難小屋を過ぎて寄り道したくなり、石沼に向かう


リュウキンカ

▲ リュウキンカ

ミズバショウ

▲ ミズバショウ

石沼
やぶ漕ぎ
▲ 石沼
▲ やぶ漕ぎ

雪渓からつぶ沼コースになり誰にも会わず、深い樹林帯で小さなピークを登り返しGPSで石沼の分岐をを確認すると崩壊した崖で登山地図はズレて表示されている このあたりが中沼や焼石の山並みを望めるところでもある 石沼まで登山地図は破線で下ると解りやすいが石沼に出るとやぶ漕ぎのようなところもあり勘で進むと新しい踏み後があり難なく通過して中沼に出る 駐車場にはまだ車があり平日でも人気の山なのだなと感じる 登山コース的にもいろいろあり面白いルートであった


中沼

▲ 中沼

焼石山脈

▲ 焼石山脈

流れる雲

▲ 流れる雲

中沼のサラサドウダン

▲ 中沼のサラサドウダン


焼石岳登山グラフ

▲ 焼石岳登山グラフ

焼石岳に咲く花

コバイケイソウ
カラマツソウ
ハクサンチドリ

オオバミゾホオズキ
ショウジョウバカマ
ミツバオウレン

タムシバ
ノウゴウイチゴ
コヨウラクツツジ

オオバキスミレ
イワイチョウ
イワカガミ

ホソバイワベンケイ
アカモノ
ゴゼンタチバナ

エゾノハクサンイチゲ
ツマトリソウ
チングルマ

ウスユキソウ
ミヤマシオガマ
ヒナザクラ

ムシトリスミレ
ミネザクラ
タケシマラン

ミヤマキンポウゲ
ミズバショウ
リュウキンカ

シラネアオイ
ミヤマカタバミ
コミヤマカタバミ

ベニバナイチゴ
ナナカマド
エンレイソウ

マイヅルソウ
ツルキツネノボタン
コミヤマカタバミ

オガラバナ
ミヤマスミレ
タニウツギ

オククルマムグラ
タニギキョウ
サワハコベ

ユキザサ
ツクバネウツギ
サラサドウダン

ヤブデマリ
ズダヤクシュ
サワフタギ

オオカメノキ
ミヤマツボスミレ