Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録>浅間山 前掛山 山行記録

浅間山 前掛山

Mt.maekakeyama

2012/08/04

天候 15日 雨のち晴れ

登山風景

浅間山 前掛山 2524m 標高差 1114m 沿面距離 13.8Km

浅間山は群馬県北部に有る山で、日本百名山に入る山である 夏の暑い時期に比較的簡単に登れ、見晴らしがよく涼しい所は無いかと考えて浅間山に行くことにした 黒斑山は 冬に登ったが雲の中で浅間山を望むことはできなかったので、夏の時期は登山口を変えるとどんな感じになるのかと興味が沸いた この山は活火山であり警戒レベルが1では、小諸側からは火口から約500mの前掛山まで登山が認められる。


登山ルートruto
浅間山荘 天狗温泉5:20ruto二の鳥居rutoカモシカ平ruto火山館 rutoJバンド分岐 ruto避難ドームruto前掛山9:35ruto 火山館ruto不動滝ruto水場 ruto浅間山荘14:15


天狗温泉駐車場 地図 → Mapion マップコード 85 777 264*85 
標高1410m緯度: 北緯 36° 22′ 49″ 経度:東経 138° 28′ 42″

天狗温泉から前掛山

天狗温泉
鳥居
▲ 天狗温泉
▲ 鳥居

高峯高原に向かう道路から天狗温泉に向かう道路はフラットな砂利道で暗い夜道を行くと天狗温泉に到着した 夜中の駐車場は静かで星空も見えていた 車の中で仮眠する とそこそこ冷えていて寝袋が必要になる 携帯目覚ましで起きる前からバタバタと周りがうるさい 周りの方は4時から身支度を調えて支度をしていた


一ノ鳥居
丸太の橋
▲ 一ノ鳥居
▲ 丸太の橋

朝食を済ませ天狗温泉の右奥にある鳥居から山に取り付く 睡眠時間がわずかで足取りも重く林道のような登山道を行く まだ傾斜も少なく日も差さず暗い登山道で蛇堀川の 沢をを高巻きに行く 一ノ鳥居があり二ノ鳥居まで直登コースと不動滝に向かうコースがあり不動滝に向かう その先に丸太の橋があり沢を渡る


不動滝分岐
二ノ鳥居
▲ 不動滝分岐
▲ 二ノ鳥居

不動滝分岐から逸れて不動滝を眺める ここの沢は茶色く濁った所もあり給水には向かない 日もまだ差さず撮影にはまだ向かないので暫し一本入れる ここから傾斜がきつくなる  二ノ鳥居付近から鳥のさえずりがきれいに聞こえ山に来たのだなと感じる


八ヶ岳
トミーの頭
▲ 八ヶ岳
▲ トミーの頭

つづら折りに登ってゆくと沢から離れて行き、次第に牙山が見えてくると登山道脇にニホンカモシカと鉢合わせになる 側で撮影していてもこちらを見ているだけで逃げようともせず  意外に可愛いもの 牙山が近づくとカモシカ平と呼ばれる草原に出て、トミーの頭が見えてくる アメリカのグランドキャニオンのような高く岩峰がそびえ、雰囲気がよいところになる


牙山

▲ 牙山

火山館
神社
▲ 火山館
▲ 神社

硫黄混じりの地獄谷風の沢を越えて行くと、鳥居がある火山館に到着する まだ人でもわずかで建物の左手で給水をする 火山館の右手に神社がありお参りをして先に進む


前掛山

▲ 前掛山

緑の斜面

▲ 緑の斜面

Jバンド分岐
鋸岳
▲ Jバンド分岐
▲ 鋸岳

草すべり分岐を過ぎてJバンド分岐ぐらいから木々の背丈は低くなり開けてくる 森林限界に出て黒斑山の稜線がきれい 先行された登山者はわずかで後から来られた 方に先を譲り山を感じながら登山道を行く 浮き石が多く火山灰の砂地が多く、あまり足裏のグリップは良くない 高度を上げて行くと北アルプスクッキリと見え始め来て正解とわかる  ロープが張られた所をまたぐと浅間山に行けるがどうも気が進まず前掛山に向かう ここから傾斜はわずかで殺伐とした稜線を行く カマボコ型の避難ドームがある


鋸岳

▲ 鋸岳

黒斑山

▲ 黒斑山

避難ドーム
前掛山
▲ 避難ドーム
▲ 前掛山

このあたりから先行された方が下山されてくる ドームの中から覗くと何か面白い 赤茶けた稜線で周りを眺めながら行くと、上空にはツバメが沢山居て餌など あるのだろうか それとも恋の季節なのか不思議である 9時半に山頂に到着 何故か早い気もするが人も少ないのでここからの眺めを堪能する 風は北風の微風で日差しはあるがまだ夏の 暑さではない 天気予報は曇りで午後からにわか雨もありそうだが、雲もまだわかず早めに到着して正解 富士山から白馬の山並みまで見渡せた ここから浅間山のピークが見える  警告を無視して浅間山に行かれる方が一人だけ見られた 佐久市の町並みもきれいで下界は暑いのだろうなと感じる いつまで経っても雲は日差しを遮らないので下山するとする 避難ドームを 過ぎると人手が増えてくるが渋滞することもなく下る 浮き石が多い登山道で足を取られるのもありちょいと山になれていないやっかいかな日差しも増えてきて早く樹林帯に入りたい気持ちで下るがあまり汗はかかない


浅間山

▲ 浅間山

下界の風景

▲ 下界の風景

遠く北アルプス

▲ 遠く北アルプス

遠く白馬

▲ 遠く白馬

赤い斜面

▲ 赤い斜面

雲が沸く

▲ 雲が沸く

前掛山

▲ 前掛山

黒斑山

▲ 黒斑山

アサギマダラ

▲ アサギマダラ

火山館
硫黄混じりの沢
▲ 火山館
▲ 硫黄混じりの沢

火山館手前のJバンド分岐付近から登りは無視していた 高山植物を撮影しながら下る ここは休憩されている方が多く日差しを避けたいが、良いところは占有されて残念  水をすべて入れ替えて先に進む 火山館からトミーの頭がよく見える 木陰が少ない所はジリジリと暑く 木陰に入るとまあ涼める そんなのを繰り返しながらつづら折りの登山道を下る


不動滝
天狗温泉
▲ 不動滝
▲ 天狗温泉

不動滝暑さに耐えながらようやく 不動滝に付く 期待したほどは涼しくないが滝を眺めるのも登山をやる楽しみの一つでもある 鳥のさえずりを聞きながら下ると 小さな水場に出る 川底は濁っていないのでこう言う所は水が飲める 汗でぬれた顔を洗うのも気持ちがよい 14時過ぎに天狗温泉に到着 駐車料金と入浴料を払い入浴する 湯船はまっ茶色で 温泉はあまり熱くはない タオルは間違えて湯船に入れると茶色に変色する 日帰り入浴料500円(登山で駐車場利用時1人につき100円の割引有) やはり山は天気に当たると気持ちがよい


国土地理院の電子地形図(タイル)に登山ルートを追記して掲載

浅間山 前掛山 登山グラフ

▲ 浅間山 前掛山 登山グラフ

浅間山に咲く花

ミソガワソウ
タカネナデシコ
ヤマハハコ

クルマユリ
ハクサンフウロ
グンナイフウロ

マルバケブキ
シャジクソウ
タムラソウ

ミヤマシシウド
メイゲツソウ
アヤメ

ヒメシャジン
ミヤマホツツジ
チダケサシ

ハクサンオミナエシ
クガイソウ
ハナチダケサシ

ウツボグサ
キツリフネソウ
ヤマホタルブクロ

シモツケ
キリンソウ
シモツケソウ