Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME 山行記録 >鳥海山

鳥海山

2016/08/14

Mt.cyoukaisan

天候:晴れのち曇り

鳥海山 登山地図

鳥海山 2236m 標高差 1092m 水平移動距離 16.1Km

鳥海山は山形県と秋田県に跨がる山で日本百名山に属する山である 日本海に近く雲に巻かれやすい山です 夏の時期でも残雪が残り、高山植物が咲く山でも有名で山頂近くには神社があり山岳信仰の山でもある


登山ルート

8/14 鉾立駐車場5:20ruto鉾立展望台ruto賽の河原ruto御浜ruto御濱神社ruto御田ヶ原ruto八丁坂ruto七五三掛ruto文殊岳ruto行者岳ruto七高山ruto鳥海山(新山)ruto胎内くぐりruto大物忌神社ruto千蛇谷ruto八丁坂ruto御濱神社ruto鉾立登山口15:45ruto


鉾立駐車場 地図 → Mapion  マップコード 352 749 334*66 標高1138m   

鉾立駐車場
登山口
▲ 鉾立駐車場
▲ 登山口

先日の夕方鉾立に着く、ビジターセンターがある駐車場の奧にも登山者専用の駐車場があるが静かそうな駐車場に車を駐め夕日を眺める 1000mを越える標高でもやはり暑い 早朝はそこそこ冷えて過ごしやすく睡眠は良く取れた 鳥海ブルーラインの駐車場からビジターセンターまで車道を歩くと登山口に出る 登山口からは階段で展望台で渓谷を眺める 渓谷から白糸の滝が見えるはずが、残雪が少ないためか涸れている


奈曽渓谷と奧に鳥海山

▲ 奈曽渓谷と奧に鳥海山

奈曽渓谷

▲ 奈曽渓谷

賽の河原
御浜小屋
▲ 賽の河原
▲ 御浜小屋

天気は良い方で賽の河原に出ると開けた草原になる 以前訪れた時は残雪がたっぷりありチングルマが沢山咲いていたが花の時期にはやはり遅い 賽の河原から草原を登ると神社がある御浜小屋に着く 日本海や稲倉岳もなかなかよく見えている 小屋の裏手には鳥海湖が見えるが水が少ないようだ


稲倉岳

▲ 稲倉岳

にかほ市と日本海

▲ にかほ市と日本海

鳥海湖

▲ 鳥海湖

ハクサンシャジンの群生

▲ ハクサンシャジンの群生

御田ヶ原と鳥海山

▲ 御田ヶ原と鳥海山

御田ヶ原と稲倉岳

▲ 御田ヶ原と稲倉岳

御田ヶ原
千蛇谷分岐
▲ 御田ヶ原
▲ 千蛇谷分岐

ハクサンシャジンが咲いて丘のような尾根を下る 鳥海山に雲がかかり始め次第に姿を隠す八丁坂から登り返して千蛇谷分岐に出る このまま沢に下っても山頂に行けるが、外輪山のコースを取る 


笙ヶ岳方向

▲ 笙ヶ岳方向

文殊岳
ハイマツ帯
▲ 文殊岳
▲ ハイマツ帯

千蛇谷分岐から岩場の登山道になり、ピークを何回か越えるが千蛇谷まで深く切れ込んでいる崖で、南斜面はお花畑と変化が大きい


ガスに隠れる

▲ ガスに隠れる

花の登山道

▲ 花の登山道

左手が鳥海山

▲ 左手が鳥海山

七高山

▲ 七高山

七高山
新山
▲ 七高山
▲ 新山

岩場の細い登山道を進むと尖った七高山が見えてくる ここが山頂ではないようでガレ場の新山の方が標高が高い 神社の屋根が見えて一度岩場を下り登り返すと新山向かうコースを取る ガレ場の下にリュックをデポして軽装で岩場を登る


山頂手前
新山
▲ 山頂手前
▲ 新山

混雑を大きな岩が積まれたようなところで、岩の隙間もあり慌てず山頂に着く 山頂は狭く入れ替わり登山者が来るので早々に神社に向かう


イワブクロの群落

▲ イワブクロの群落

胎内くぐり
大物忌神社
▲ 胎内くぐり
▲ 大物忌神社

胎内くぐりもあるがここは使わずに七高山方向に下り残雪があるので、綺麗な雪を掘り出して顔を冷やす これがまた気持ちがよい 大物忌神社は宿泊も出来るようで建物がいくつもある 長めの休憩を取り下山する


千蛇谷
千蛇谷
▲ 千蛇谷
▲ 千蛇谷

神社から長い谷を下り雪渓が見えてくるが雪渓からまた登り返す 雪渓を渡ると二つに分かれるが簡単そうに見える登山道に向かう、最後に垂直な登りが待っている。。 ニッコウキスゲが咲く登山道を進み天候は曇りがち、鉾立駐車場が見えてくると雲の下に出てまた暑さが帰ってくる 観光客が沢山居て駐車場に戻り花が沢山咲く鳥海山の登山は終わる


千蛇谷

▲ 千蛇谷

ニッコウキスゲの登山道

▲ ニッコウキスゲの登山道

鳥海山登山グラフ

▲ 鳥海山登山グラフ

鳥海山に咲く花

ウゴアザミ
ミヤマワレモコウ
シロバナトウウチソウ

タチギボウシ
ハクサンチャジン
ハクサンフウロ

オクキタアザミ
イワギキョウ
イワブクロ

チョウカイフスマ
ダイモンジソウ
チョウカイアザミ

コメバツガザクラ
ホソバイワベンケイ
アオノツガザクラ

ヒメクワガタ