Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録> 月山

月山

2015/09/20

Mt.gatusan

天候 雨のち晴れ

月山 登山地図

月山 1984m 標高差 834m 水平移動距離 10.4km

月山は山形県にあり磐梯朝日国立公園の特別区域に指定され、日本百名山に選定されている山で山頂には月山神社本宮がある山である 登山道には湿原や 見晴らしが良い山なので連休を利用して月山に登ってみた 月山スキー場に広い駐車場があり今回は姥沢駐車場から山に取り付く


登山ルートroto姥沢駐車場 6:30roto湿原roto尾根roto鍛冶稲荷神社roto月山頂上小屋 roto月山神社本宮9:00roto牛首 roto金姥roto姥ヶ岳rotoリフト乗り場roto  姥沢駐車場11:50


姥沢駐車場 地図 → Mapionマップコード 902 031 430 標高1150m

  姥ヶ沢から月山

登山口
登山道
▲ 登山口
▲ 登山道

前日の夕方訪れると他府県ナンバーの車が意外にあり、駐車場で車中泊 高速の月山インターからコンビニが無くスキー場まで車で行く 天候は風があり雲の中 天気予報は登山日和とあるが。。早朝起きると雨で車の中で空の様子を伺うが晴れそうにもなく仕方なくカッパを羽織り山に取り付く  道路の奧に環境美化の協力金を徴収する建物があり、200円を払い登山道に向かう


天然水
木道
▲ 天然水
▲ 木道

雨は大降りではないは、風があり冷え込んでいる 始めは尾根を巻くように進むが湿原の中に入ると長い木道歩きになる 二本目の沢に出ると 濁流のように流れが強い 徒渉すると広い湿原になり高度を上げてゆく この時期でも多少花が咲いていてシロバナトウウチソウが咲いていた


徒渉
尾根
▲ 徒渉
▲ 尾根

湿原が終わると尾根に出る 紅葉が始まって居るが雨と風で気分が良くない 整備された登山道やガレ場があるが難しいところはない


紅葉の登山道
鍛冶稲荷神社
▲ 紅葉の登山道
▲ 鍛冶稲荷神社

足下を見ながら尾根歩きをしていると石が積まれた所に突然出る 鍛冶稲荷神社があり、山頂はもう少し 丘のような所を越えると小屋に出る


月山頂上小屋
山頂
▲ 月山頂上小屋
▲ 山頂

小屋の先に月山神社本宮があり、神主のお祓いを受けようと思っていたが、登山者のみで神社の中に入る お参りをして寒さから避けようと小屋に戻る


月山神社本宮
月山頂上小屋
▲ 月山神社本宮
▲ 月山頂上小屋

小屋の中で休もうと中に入るが、休憩には靴やカッパを脱がないといけないのであまり居座ることも出来ず 下山することにする 山頂付近の紅葉は見頃なのに雨と風は止まない。。


紅葉
沢山の登山者
▲ 紅葉
▲ 沢山の登山者

リフトが動いているのか どんどん登山者が登ってくる 牛首に戻り単純に来た道を戻るのも面白くないので姥ヶ岳に向かう この辺りは良く整備された登山道で歩きやすい


整備された登山道
金姥
▲ 整備された登山道
▲ 金姥

金姥と呼ばれる分岐まで下り、ここから登り返す 一瞬雲が切れて姥ヶ岳の山肌がきれいに紅葉しているのが解るがすぐに雲に包まれる


姥ヶ岳登山道
姥ヶ岳山頂
▲ 姥ヶ岳登山道
▲ 姥ヶ岳山頂

姥ヶ岳には小さな湿原があり木道もあるピークで晴れてくれないかと待機するが晴れる気配がないので、リフト乗り場に向かう


雲の下に出る

▲ 雲の下に出る

姥ヶ岳登山道
リフト乗り場
▲ 姥ヶ岳登山道
▲ リフト乗り場

リフト乗り場が見えてくると雲の下に出たようで晴れ間が見えてくる あと何時間も待機したくないのあっさりリフトで下山する 姥沢駐車場に戻ると 晴れていて山頂が見え隠れしていて残念である 駐車場から車で下ると志津温泉があり、僅かに茶色いお湯で冷えた体を温める次に訪れるときは北側の登山道から登ろうと思う。。山の天気予報はやはり当てにならない


月山登山グラフ

▲ 月山登山グラフ