Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録>白山 山行記録後編

白山後編

2016/09/01-02

Mt.hakusan

天候:晴れ

白山

白山 2702m 標高差 1468m 沿面距離 20.2Km 累積標高 2171m

img 白山登山前編

白山は日本百名山、花の百名山に選ばれる山で花が咲く頃は、沢山の登山者が訪れるあこがれの山である 今回は平日を利用して別当出会から山に取り付き、白山室堂で宿泊して白山を楽しむことにした 花の時期には遅いが意外に数多くの花に出会えることが出来た


登山ルートruto
9/1 別当駐車場5:20ruto別当出会ruto中飯場ruto甚ノ助避難小屋ruto甚ノ助分岐ruto白山延命水ruto黒ボコ岩ruto五葉坂ruto白山室堂ruto御前峰ruto白山室堂12:20
9/2 白山室堂4:20ruto大汝峰ruto千蛇ヶ池ruto白山室堂ruto黒ボコ岩ruto殿ヶ池避難小屋ruto別当坂分岐ruto別当出会ruto別当駐車場11:40


別当出会駐車場 地図 → Mapion  マップコード 791 748 475*28 
 駐車場標高1230m 緯度:北緯 36° 7′ 27″経度:東経 136° 44′ 16″

早朝の御前峰
翠ヶ池
▲ 早朝の御前峰
▲ 翠ヶ池

早朝夢に起こされ、軽い朝食を済ませて暗い中、山頂に向かう すでに10人ほどの方がご来光を待っていた 穂高から白馬の山脈が見られ、南には御嶽山や南アルプスも望めた 夕方ほど冷え込まず爽快な朝を迎える 


朝焼け

▲ 朝焼け

穂高からの日の出

▲ 穂高からの日の出

大汝峰

▲ 大汝峰

剣が峰

▲ 剣が峰

大汝峰
大汝峰山頂
▲ 大汝峰
▲ 大汝峰山頂

ご来光を望んだあと大汝峰に向かう 池が点在した登山道で草は少なく写真を写しながら大汝峰に取り付く 大きな岩があり三点指示で登ることもある登山道で山頂に出る 誰も居なく自分だけ占有


御前峰と剣が峰<

▲ 御前峰と剣が峰

大汝峰神社
千蛇ヶ池
▲ 大汝峰神社
▲ 千蛇ヶ池

山頂は広く神社もある 少し離れたところに緊急用の避難小屋が有るがほとんど使われていない 北側には七倉山が見えて居て登山道も長く続いている 機会が有れば歩いてみたいルートです 


七倉山

▲ 七倉山

弥陀ヶ原

▲ 弥陀ヶ原

室堂を下る

▲ 室堂を下る

黒ボコ岩
馬のたて髪
▲ 黒ボコ岩
▲ 馬のたて髪

これからは下山で千蛇ヶ池を過ぎるとわずかに登り返し室堂に着き下界の林道の情報を得て問題なく、南竜ヶ馬場に寄ろうか迷うが下りは観光新道で降る 黒ボコ岩を過ぎると馬のたて髪と呼ばれる尾根道に出る 気持ちがよい登山道で長い間別山を長めながら降ると意外に花が咲いている


ウラジロナナカマド

▲ ウラジロナナカマド

気分がよい尾根

▲ 気分がよい尾根

南の山脈

▲ 南の山脈

殿ヶ池避難小屋
殿ヶ池
▲ 殿ヶ池避難小屋
▲ 殿ヶ池

やがて殿ヶ池避難小屋が見えてきて小屋の前のベンチで休憩 登山地図には水場があるように見えるが池は飲料に適さない水で、雨水を蓄える物があるがあまりお勧めできない 小屋の内部にはトイレと10人ほどが泊まれるスペースがあり清掃されてきれいな小屋である


小屋の裏手

▲ 小屋の裏手

小ピーク
仙人窟
▲ 小ピーク
▲ 仙人窟

尾根を歩きながら小ピークに登山道が付いているのが読める 大きな岩石が積まれた仙人窟を通過する人が通れるほどの大きな空間がありそこを通ると別当分岐に出る 昨日登った砂防新道が見える、崩壊が進む崖の上にあるが石畳の登山道でないと保たないだなと感じる


砂防新道

▲ 砂防新道

別当坂
別当の湧き水
▲ 別当坂
▲ 別当の湧き水

登山地図で多少はきつい下りになると思っていたがやはり急勾配が待っていて階段状になり登りにはきつい登山道になる やがて沢ノ音が聞こえるとようやく別当出会にでる 湧き水を頂き駐車場に戻ると広い駐車場は8割方埋まっていて人気の山と感じる 休みが取れたので白山に登ってみたがやはり花が咲く時期はもっと良い気分にさせてくれる山だと感じる 


国土地理院の電子地形図(タイル)に登山ルートを追記して掲載

白山登山グラフ

▲ 白山登山グラフ

白山に咲く花

イワギキョウ
イブキトラノオ
ミヤマキンポウゲ

ウラジロナナカマド
アオノツガザクラ
ヤマハハコ

ヨツバヒヨドリ
ミヤマトリカブト
タテヤマアザミ

タカネマツムシソウ
カンチコウゾリナ
タチコゴメグサ

タテヤマウツボグサ
リンドウ
タマアジサイ

ヤブハギ
ノコンギク
コウゾリナ

オオアキギリ
ツクバネソウ
イブキトラノオ

クロバナヒキオコシ
ハクサンタイゲキ