Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録>飯豊山後編 山行記録

飯豊山後編

Mt.iidesan

2017/07/27

天候:晴れのち曇り

飯豊山 登山地図

飯豊山2105m  標高差1565m 水平移動距離 22.4Km

登山ルートruto
7/26 御沢野営所駐車場5:20ruto大滝分岐ruto下十五里ruto中十五里ruto上十五里ruto笹平ruto横峰ruto峰秀水ruto地蔵山分岐ruto剣ヶ峰ruto三国小屋ruto種蒔山ruto切合小屋13:30

7/27 切合小屋5:30ruto草履塚ruto姥権現ruto本山小屋ruto飯豊山8:10ruto本山小屋ruto姥権現ruto草履塚ruto切合小屋ruto種蒔山ruto三国小屋ruto剣ヶ峰ruto地蔵山分岐ruto峰秀水ruto笹平ruto大滝分岐ruto御沢野営所16:20


 御沢野営所 地図 → Mapionマップコード 674 468 061*03 標高540m

img 飯豊山前編

切合小屋から飯豊山

朝焼け

▲ 朝焼け

ご来光を待つ

▲ ご来光を待つ

ご来光

▲ ご来光

切合小屋
雪渓
▲ 切合小屋
▲ 雪渓

翌朝4時には周りが起きだして寝袋などをしまい 外が赤く染まっているので素早く外に出るシャツ一枚では寒くカッパを着てご来光を待つ 蔵王の山からご来光が昇り夜が明ける お新香しか 具材がない弁当を食べて飯豊の山頂を目指す 昨日熊が居たところを覗きながら進むと雪渓に出る 踏みあとはほとんど無く暑さで溶けて仕舞うのだろうか 滑る間隔もなく歩きやすい


雪渓を振り返る

▲ 雪渓を振り返る

気持ちよい風

▲ 気持ちよい風

大日岳

▲ 大日岳

姥権現
岩場
▲ 姥権現
▲ 岩場

雪渓を登り水が流れる岩場を過ぎるとまた雪渓になり小屋から見えて居た草履塚を登り切ると眺めがよい登山道になり大日岳がきれいに見えて居る 姥権現を過ぎると鎖がある岩場になる  ストックなどはリュックにしまい岩場を通過 山頂が見えてくるとガレ場になり岩が積まれた所が小屋かなと思うと小屋はまだ先であった 咲く花も代わり高山で見るような花が有ったりして花を捜しながら登る


山頂を望む

▲ 山頂を望む

残雪

▲ 残雪

右が水場
飯豊神社
▲ 右が水場
▲ 飯豊神社

ガレ場を登り切ると砂地になり水場の看板が有るが立ち寄らず山頂の神社で参拝する この辺りからイイデリンドウがポツポツと咲いていて山頂に出る


本山小屋
飯豊山頂
▲ 本山小屋
▲ 飯豊山頂

山頂はだれも居ないがあとからポツポツと登山者がやってくる 日差しも強くなるが大したことはない 目を細めると海が見えて霞んでいるが島も見えて居る あまり留まらず本山小屋に 戻り小屋の方と話をする 切合の雪渓アイゼン必要ですかね。。なんて相談する方が多く迷惑気味そう。


残雪の稜線

▲ 残雪の稜線

宝珠山(ダイクラ尾根)

▲ 宝珠山(ダイクラ尾根)

気持ちがよい稜線

▲ 気持ちがよい稜線

雲海の奧に島が見える

▲ 雲海の奧に島が見える

フラワーロード

▲ フラワーロード

岩場
切合小屋
▲ 岩場
▲ 切合小屋

花が沢山咲いている登山道を下り岩場通過するといきなり猿ににらまれて、写してやる隙もなく猿は駆け下りるように居なくなると雪渓に集団で猿が餌を探しているのか?うろついている  早朝登った雪渓を降り切合小屋に着く 時計を見ると10時半でこれはやばいと大して休まず三国小屋に向かう シャツは乾いていたがアップダウンを繰り返すとシャツは濡れて蒸している


右奧が三国岳

▲ 右奧が三国岳

剣ヶ峰の岩場
御沢駐車場
▲ 剣ヶ峰の岩場
▲ 御沢駐車場

三国小屋に着くと小屋の方とつい長話になり、山の情報を伺う ツワーで登山されている方は何故か無理な登山をされていて大変そうに思う 天候が曇り始め岩場を通過していると小屋番の方が いつまでも見送られていて居るのが解る 地蔵山の分岐から長い降りで出会った登山者は二人だけ駐車場に戻ると皆帰らず 車が沢山有る天候判断間違えたのか?山の判断は難しい 飯豊山まで登ったが飯豊の一部しか登っていないのでまた訪れたい山になる


飯豊山登山グラフ

▲ 飯豊山登山グラフ

飯豊山に咲く花

ミヤマトウキ
イワオウギ
ハクサンチドリ

コメバツガザクラ
オヤマソバ
ウラジロヨウラク

チングルマ
タカネアオヤギソウ
ミヤマウスユキソウ

ハクサンフウロ
イイデリンドウ
ヒメサユリ

チシマギキョウ
ミヤマキンバイ
ネバリノギラン

オヤマノエンドウ
タカネツメクサ
タカネマツムシソウ

クルマユリ
イワギキョウ
マルバダケブキ

ハクサンコザクラ
ベニバナイチゴ