Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録>大天井岳前編 山行記録

常念岳から大天井岳
前編

Mt.jonendake Mt.otensyoudake

2011/08/14-16

天候 14-16日 晴れ

大天井岳

常念岳 2857m 大天井岳 2922m 標高差 1741m 沿面距離 29.3Km


槍ヶ岳を東側から望める常念岳と大天井岳に登るため一の沢から取り付く 常念岳は百名山に入る山で、大天井岳は常念山脈の最高峰で二百名山に入る山である 天候は 午後からくもりか小雨の天候でそこそこの登山が堪能できた 13日の夕方に自宅から高速に乗り多少込んでいたが、一の沢の駐車場に着いたのが20時過ぎで駐車スペースには余裕があった  駐車場と言っても路肩のような駐車場で荒れ地な所でトイレもない所


登山ルートruto
2011/08/14 一の沢登山相談所 5:10ruto山の神 ruto王滝ベンチ ruto烏帽子沢 ruto笠原沢 ruto 胸突八丁 ruto最終水場 ruto常念乗越 ruto常念岳 11:10ruto 常念小屋 12:40
2011/08/15 常念小屋 4:45ruto横通岳 ruto大天小屋 ruto大天井岳 ruto大天小屋 10:30
2011/08/16 大天小屋 4:30ruto大天井岳 ruto大天小屋 ruto東天井岳 ruto 常念小屋 ruto最終水場ruto烏帽子沢 ruto大滝ベンチ ruto 登山相談所ruto駐車場11:45


一の沢駐車場 地図 → Mapion マップコード 158 244 384*47 
駐車場標高1175m 緯度:北緯 36° 19′ 25″ 経度:東経 137° 47′ 15″

img 常念岳から大天井岳 後編はこちら

一の沢から常念岳

登山相談所
登山口
▲ 登山相談所
▲ 登山口

登山相談所には駐車場が無く長い林道を行くと砂防ダムに車を駐められそうな所があるが関係者の駐車場と思われるので登山口まで林道歩きである 一の沢登山相談所に 着いたのが5時過ぎ すでにここには送迎のバスやタクシーが来ていて山の朝は早い 一の沢登山相談所で登山届けを提出して山に取り付く


山の神
沢
▲ 山の神
▲ 沢

一の沢から15分ぐらいで山の神が現れて、ここには小さな鳥居がありだらだらした緩い登山道を登ってゆく 左手に沢を見ながら行くとあちらこちらから登山道に 水が流れびしゃび しゃした所を行くこともたびたび


王滝ベンチ
烏帽子沢
▲ 王滝ベンチ
▲ 烏帽子沢

王滝ベンチを過ぎて烏帽子沢から階段を登り対岸に出てはまた戻る このルートを登る決め手にしたのが、夏の時期に涼しい沢沿いのルートを探して決めたが狙いは そこそこ正解であった


階段
丸太の橋
▲ 階段
▲ 丸太の橋

笠原沢に着く頃には、暑さはあまりないがやはり汗をかき、沢の水を頂くが、岩は茶色いので水は苦い 笠原沢から先視界が開け常念稜線が見えてくる


沢
胸突八丁
▲ 沢
▲ 胸突八丁

常念乗越は写真の凹んだところ この辺りから山の花が咲き始め写そうとするが登山道はとても狭いので、他の登山者の邪魔にならないように様子を伺いながら チョコチョコ写す 胸突八丁手前にも沢があるがここも岩が茶色ので水は飲まない


崖っぷち
最終水場
▲ 崖っぷち
▲ 最終水場

胸突八丁から傾斜が付いてきて登山道はとても狭く崖っぷちを歩く 木道が終わると最終水場の沢を渡る 渡ると細い水の流れがあり、ここで給水する (苦くはない) 最終水場からようやく普通の登山道になりつづら折りに登ってゆく 下りの登山者も多く道を譲るのも何回も有った


常念乗越
ガレ場
▲ 常念乗越
▲ ガレ場

常念乗越に9時半に付くともう小屋に着いてしまった感じで、急な登りは短く感じた 夏にしてはこの時間でも穂高の山並が望め雲が湧いていない リュックをデボして 常念に行こうとも考えたが休憩もせずに常念岳に向かう 常念乗越から山頂まで大きな岩がゴロゴロしたガレ場で歩きづらく標高差もあるので時間が掛かってしまう


常念岳

▲ 常念岳

槍ヶ岳

▲ 槍ヶ岳

大天井岳

▲ 大天井岳

横通岳

▲ 横通岳

常念岳山頂
岩場
▲ 常念岳山頂
▲ 岩場

ようやく山頂に着くとやはり賑やかな山で、入れ替わり立ち替わり登山者が訪れる 日が差しているが風は冷たく感じ濡れたシャツも簡単に乾いてしまう 東側の山は 安曇野からのガスが湧いてまったく視界ゼロ 穂高の山並がとても綺麗に感じた 賑やかな所は好まないのでチョコチョコ撮影を楽しんで常念小屋に向かう


蝶が岳の稜線

▲ 蝶が岳の稜線

山頂の眺め

▲ 山頂の眺め

穂高の眺め

▲ 穂高の眺め

常念乗越
テント場
▲ 常念乗越
▲ テント場

小屋に予約を入れたが、一人だと伝えると予約は要らないと言われ事前の予約せずに小屋の受付で代金を払う 今夜の部屋は2階の8畳で大人5人と余裕があった  小屋は内部3階立てで、三階にはお客が少ない感じ 時間も有り余るので、食堂越しに槍を見ながらラーメンを頂く 自炊室は受付の裏手にある 外のテントが張って有るところで、自炊 するようだ 13時過ぎから上空は低い雲に被われ夕日も見られない状況になる 夕食は17時からでやはり早い 人気の山小屋は食事も美味しい 夕食を済ませ外に出ようとするが小屋に 備え付けのサンダルが用意されていないので、靴を履いてテント場を観察する


国土地理院の電子地形図(タイル)に登山ルートを追記して掲載

img 常念岳から大天井岳 後編はこちら

大天井岳登山グラフ

▲ 大天井岳登山グラフ

常念岳から大天井岳に咲く花

ソバナ
タムラソウ
ヤマハハコ

ハンゴンソウ
ミヤマシシウド
オオヒョウタンボク

シオガマギク
コンロンソウ
イワオトギリ

ニッコウキスゲ
オオバギボウシ
シモツケソウ

オタカラコウ
オオバミゾホオズキ
センジュガンビ

ホタルサイコ
ミヤマコゴメグサ
ハクサンオミナエシ

ホツツジ
ミヤコママコナ