Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています


乾徳山

Mt.kentokusan

2018/10/07

天候 快晴

乾徳山登山地図

乾徳山2031m 標高差 1203m 水平移動距離 11.8Km

乾徳山は山梨北部にある二百名山で岩場や鎖場が有名で山頂からの眺めが良い山である雨続きで山は休んでいたが天候が望めそうなので出かけてみたいた


登山ルートruto 徳和駐車場 6:40ruto乾徳神社ruto乾徳山登山口ruto銀晶水ruto錦晶水ruto国師ヶ原ruto役小角像ruto月見岩ruto扇平ruto手洗石ruto髭剃り岩rutoカミナリ岩ruto鳳岩ruto乾徳山ruto黒金山分岐ruto高原ヒュッテruto国師ヶ原ruto道満山ruto道満尾根登山口ruto徳和駐車場14:30


徳和駐車場 地図 → mapion  マップコード 664 432 430*27 標高828m

徳和駐車場
乾徳神社
▲ 徳和駐車場
▲ 乾徳神社

乾徳山の駐車場は3カ所あり徳和集落にある駐車場で朝を迎える 気温は秋なので冷え込んでいると思われたが台風通過で意外に熱い 道満尾根から登らずに徳和川から登山口に向かう 乾徳神社で参拝して長い林道を進む


神社上駐車場
乾徳山登山口
▲ 神社上駐車場
▲ 乾徳山登山口

神社の先に駐車場があり車の中には人影がなくすでに出発されている様子 出だしが遅いので出会う方はわずか この先に目立つ看板がありここから本格的な登山となる


銀晶水
錦晶水
▲ 銀晶水
▲ 錦晶水

まだ日が差し込まない暗いっ杉林を進み銀晶水と錦晶水に出る先に着いた 銀晶水は冷たさがなく飲まずに通過 錦晶水は冷たさがありおいしい水である 何人かの登山者と会うが子連れの登山者が居て山頂まで行くのかと疑問に思う。


乾徳山

▲ 乾徳山

国師ヶ原
月見岩
▲ 国師ヶ原
▲ 月見岩

国師ヶ原に出るとようやく視界が開けはじめ乾徳山が見えてくる 台風による風がなく日差しも強く夏のような気温の高さである 国師ヶ原は十字の分岐になるところで子ずれの登山者はヒュッテの避難小屋に向かう。 この山も鹿により花が咲く草を食べられて花が咲く植物はわずかなようである 役小角像を過ぎてススキが目立ち始めると尾根に出て月見岩に着く 月見岩の上から勝沼の街並みや南アルプスから富士山の眺めが良い。


  紅葉一本

▲ 紅葉一本(月見岩手前)

風に揺れる

▲ 風に揺れる

月見岩より富士

▲ 月見岩より富士

扇平

▲ 扇平

虹雲

▲ 虹雲

手洗石
髭剃り岩
▲ 手洗石
▲ 髭剃り岩

ススキの草原を進み雲が流れて時々風が強くなるが寒さは無く上空の雲は太陽の光が当たると虹のように色が付く光景を目にする 手洗石からまた急登になり岩場の登山道になる 山に慣れていない方が居て、岩場の通過が解らない方が居てアドバイスをしたが不安を感じる 大きな岩が二つに割れている隙間から人が出てきて自分も髭剃り岩の隙間に入り込み覗いてみた 岩から先は崖で先には進めなく南アルプスを眺める。


髭剃り岩より南アルプス

▲ 髭剃り岩より南アルプス

カミナリ岩
虹雲
▲ カミナリ岩
▲ 虹雲

細い登山道を進むと鎖場に出てカミナリ岩を登る ここは鎖に頼らずに登ることが出来た 若い女性の方もスイスイと登る カミナリ岩を通過すると立ちはだかる難所の鳳岩に出る 山に慣れていない方は鳳岩を避けて登ることが出来るルートがあるのでそちらに向かう 鎖の下で順番待ちしてよじ登る 登り始めは岩の隙間に足を掛けるが腕量で登り鎖の中央部から右に出て鎖を使わずに三点指示で登る 雨で濡れているときはお勧めしない鎖場かな。


鳳岩

▲ 鳳岩

鳳岩を見上げる

▲ 鳳岩を見上げる

流れる雲

▲ 流れる雲

勝沼と富士

▲ 勝沼と富士

秋晴れ

▲ 秋晴れ

乾徳山
大きな岩場
▲ 乾徳山
▲ 大きな岩場

山頂は大きな岩ばかりで休めるスペースが少なく わずかな隙間で休む 山頂からの見晴らしは抜群で風もなく遮る木々や雲もわずかで周囲の山並みを眺める この時間が都会では味わえない時である。


乾徳山と富士

▲ 乾徳山と富士

中央奥に五寸岩

▲ 中央奥に五寸岩

奥秩父の山並み

▲ 奥秩父の山並み

高原ヒュッテ
ゲート
▲ 高原ヒュッテ
▲ ゲート

山頂から富士山を眺めながら岩場を通過して黒金山の分岐から避難小屋を目指すが登山道は落ち葉に隠れて確認しながら下る トラロープが何カ所ありトラバースするように下るが赤テープはわずかなので地形を見ながら行けば迷うことはない 避難小屋は内部にトイレもある小屋で管理人は居ないが清掃されていてきれいな小屋であった 国師ヶ原から砂利道をわずかに登り、道満尾根から徳和に向かう 登山者がわずかで見晴らしはほとんどなく長い下りになる 林道に出てゲートを通過して集落に出ると乾徳山バス停の看板の指示どうり進むと駐車場に出る 紅葉はわずかであるが眺めは良い山だった。


乾徳山登山グラフ

▲ 乾徳山登山グラフ