Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録> 黒部水平歩道

黒部 水平歩道

Suiheihodo

2013/10/12-13

天候 13日 晴れ

登山風景
 

標高差 -590m 沿面距離 12.2Km

下ノ廊下に続き、阿曾原温泉から欅平まで長い水平歩道を歩む 惜しいかな昨日は雨で今日は晴れ 昨日に天候を分けてあげたいが、そうも行かず 見所は本日もあった。


登山ルートruto
2013/10/12  信濃大町5:20ruto 扇沢5:50ruto 黒部ダム6:45ruto ダム下の橋ruto 内蔵助出合ruto鳴沢小沢ruto 大ヘツリruto 黒部別山沢ruto 白竜峡ruto 十字峡11:20ruto 作廊谷ruto 黒四発電所13:10ruto 東谷吊橋ruto 仙人谷ダム14:00 ruto阿曽原温泉14:55
2013/1013 阿曽原温泉ruto折尾ノ大滝ruto大太鼓ruto志合谷ruto欅平


信濃大町駅前駐車場 地図 → mapion  マップコード 158 883 652*25 
 駐車場標高714m 緯度:北緯 36° 30′ 3″ 経度:東経 137° 51′ 41″

img 黒部 下ノ廊下

 阿曽原温泉から欅平

阿曾原温泉
丸太の階段
▲ 阿曾原温泉(あぞはら)
▲ 丸太の階段

早朝 山小屋の登山者の朝は早い 3時ぐらいから起き始め物音が聞こえる 睡眠が浅い方なので意外に簡単に目覚める Sさんを見るとあれっと思うほどいつの間にか 姿がない ちなみに今日の宿泊者は120人ぐらいで一番多きときは280人も宿泊するそうだ 外に出ると満点星 山小屋でカッパなどを取り違えられるので、早めに取り込む 外で身支度を 調えて朝飯を軽くつまむ かなり冷え込んで居て薄手のグローブと雨上がりなのでカッパも羽織山小屋を出る


折尾ノ大滝
えん堤
▲ 折尾ノ大滝
▲ えん堤

小屋から欅平に向かうには小屋を下り、テント場を横断する その先に登山道が続くまだテントを撤収していないので張り綱に靴を引っかけないように行く  テント場を過ぎると滝のような沢を二回渡り、そこから水平道まで登る 樹林帯を登ったりして高度さはほとんど無いかな。 やがて大きな滝のそばに出る 名は折尾ノ大滝で紅葉していればもっと感動したに違いない滝で高さも高い


えん堤
奥鐘山
▲ えん堤
▲ 奥鐘山

折尾ノ大滝を進むと岩盤の横にえん堤が現れる 落石に合いそうな沢で岩がゴロゴロえん堤横にロープも垂れ下がりえん堤の上を歩けそうだが、トンネルを使いえん堤を通過する  内部は意外に奥深くまで続き、水が多く流れている 当然照明も無いので、ヘットランプを使用する


奥鐘山
大太鼓
▲ 奥鐘山
▲ 大太鼓

水平歩道がまだまだ続き、奥鐘山が近づいてくる 白い岩肌で頂上まで続く 日もまだ差さないので写真にするには山肌が陰になる やがて切り抜かれた道に出る 大太鼓と呼ばれるところで、丸太を置いてあるところもある 大太鼓からちょいと眺めると完全にきれ落ちていてメチャスリリングでウヒョウ!と声が出てしまう。。高度差にして300mは有るだろう  下ノ廊下とはスケールが違う


志合谷
志合谷
▲ 志合谷
▲ 志合谷

大太鼓を通過するとまた岩石が多い谷に出る 志合谷と呼ばれここも岩石の上を歩けないような危険なところでトンネルを利用して通過する


トンネルの対岸
トンネル
▲ トンネルの対岸
▲ トンネル

志合谷の出口は洞穴から出るような所である 山向こうに白馬の山脈が見えてくる 雲に隠れてハッキリとは見えないが白馬山頂は初冠雪で雪化粧していた


岩肌に残る水平道跡
トンネル
▲ 岩肌に残る水平道跡
▲ トンネル

蜆谷付近のトンネルが現れる トンネル脇には昔使われたのか水平道があり手摺りや金属の棒が岩に刺さっていて昔はこんなところも使われていたのか 水平歩道を作られた方の苦労は計り知れない。


トンネル
鉄塔
▲ トンネル
▲ 鉄塔

トンネルを越えて行くと欅平からトロッコ電車のブザーが聞こえてくる もう何便も出て居るのかな?鉄塔の下に出て休憩を取る


欅平
トロッコ電車
▲ 欅平(けやきだいら)
▲ トロッコ電車

鉄塔からは水平歩道は終わり、300mぐらい下る 丸太の濡れた階段がいくつかあり、気をつけるがスッテンと転けてしまう 欅平から今度は登られる登山者が 目立ちすれ違いながらようやく欅平に出て登山は終了 トロッコ電車で宇奈月温泉まで行き(1660円)宇奈月温泉から地鉄に乗り換え、JR新魚津に出る(900円) 新魚津から糸魚川で 乗り換えて信濃大町に出る(2210円) 欅平から信濃大町まで待ち時間を入れて7時間も掛かってしまう この電車は次の登山にも使えそうで、扇沢から宇奈月温泉まで車を回送する手も あるが、料金的にはやはり電車がいいかな ちなみに信濃大町の駐車場は3350円ほど駐車料金を払うことになった 雨も降られたのでいつの日にかリベンジしたい物です。


国土地理院の電子地形図(タイル)に登山ルートを追記して掲載

水平道登山グラフ

▲ 水平道登山グラフ