Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録>経ヶ岳 山行記録

経ヶ岳

Mt.kyougatake

2019/09/14

天候:晴れのち曇り

経ヶ岳2296m 標高差 1280m 沿面移動距離 14.9Km

経ヶ岳と名が付く山はほかにもあるが今回登山したのは中央アルプスの北端にある山で、登山口は仲仙寺から登るルートとダムから行くルートがあり今回はダムから登るルートを選んだ 中央道伊那ICからみはらしファームを過ぎ農道を進みやがて細い林道を行き ダムの駐車場に車を駐める


登山ルートruto
大泉所ダム駐車場ruto二合目ruto四合目分岐ruto五合目ruto八合目ruto九合目分岐ruto経ヶ岳ruto九合目分岐ruto八合目ruto四合目 ruto二合目ruto大泉所ダム駐車場


  大泉所ダム駐車場 → Mapionマップコード 171 514 856*11 標高1030m

大泉所ダム駐車場
登山看板
▲ 大泉所ダム駐車場
▲ 登山看板

前日夜中に到着すると誰も居なく、駐車スペースもあまり広くなく看板だけが登山口と解り車中泊 睡眠不足で目覚めるとすでに登られている方が居るが静か 登山口は林道でしばらく手入れをしていない林道を進む


二合目
南アルプス
▲ 二合目
▲ 南アルプス

長めの林道を進むと二合目の看板があり、沢を渡りここからつづら折りの登山道となる視界効くのは一カ所のみで四合目まで200mほど登る


四合目分岐
やぶ漕ぎ
▲ 四合目分岐
▲ やぶ漕ぎ

仲仙寺から登るルートと四合目で合流して尾根に出る 尾根の上を行くのではなく谷に下がった登山道であまり歩きやすくない 笹はまだ刈られていなくやぶ漕ぎになるところもあるが迷うことは無い 日も差してきて残暑で汗を流すが気温はほどほどで助かる


五合目
花畑
▲ 五合目
▲ 花畑

五合目に出るとここだけ広い広場で丸太が置かれ休憩できるところになる 六合目 七合目と次までの所要時間が書かれていて明快 八合目手前から草地になり花が沢山咲くようになる


南アルプス

▲ 南アルプス

快晴の空

▲ 快晴の空

伊那の街並み

▲ 伊那の街並み

雲踊る

▲ 雲踊る

奥に八ヶ岳

▲ 奥に八ヶ岳

八合目
石仏
▲ 八合目
▲ 石仏

天候はばっちりで、御嶽山や南アルプス 八ヶ岳も望むことが出来た 八合目は蔵鹿の頭とも呼ばれるところでここが山頂でも良いのではと思ったりする 八合目から山頂が望めるが手前の木々が邪魔で山頂は多分あそこ。 八合目のピークからコルまで下りまた登り返す 九合目には石仏があり信仰の山と解る


花畑

▲ 花畑

ダケカンバ

▲ ダケカンバ

経ヶ岳
黒沢山分岐
▲ 経ヶ岳
▲ 黒沢山分岐

登山者は少ないが静かで経ヶ岳の山頂に立つ ここも石仏があり手を合わせる 登山者はポツポツとやってくるがわずか 先に来られた方は登山地図にはない反対の北沢山に下られて行った 携帯は圏内で十分に通話可能 地元の方と話すことが出来 九合目から黒沢山方向に下りダムがある登山口まで行けると言われていたが登山地図には記載がない 脇道に無理に行って迷うより確実に下れるルートを選択する 八合目付近のお花畑に戻るとアサギマダラが人を恐れず優雅に舞っていた 有名な山も良いが静かな山もまた自由気ままで良いものです


アサギマダラが舞う

▲ アサギマダラが舞う

黒沢山

▲ 黒沢山

アサギマダラ

▲ アサギマダラ

国土地理院の電子地形図(タイル)に登山ルートを追記して掲載

経ヶ岳登山グラフ

▲ 経ヶ岳登山グラフ

経ヶ岳に咲く花

アキチョウジ
アキノキリンソウ
シロヨメナ

ヤマボクチ
アマニュウ
キタザワブシ

キオン
サワヒヨドリ
ノハラアザミ

ヤナギラン
マツムシソウ
ヤマハハコ

セリバシオガマ
イタドリ
オオヤマフスマ

ノリウツギ
ツリフネソウ
ゲンノショウコ