Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録>奥秩父 飯盛山 山行記録

奥秩父 飯盛山

Mt.mesimoriyama

2013/02/09

天候 晴れ

登山風景

飯盛山 1643m 標高差 206m 沿面距離 6.4Km

八ヶ岳の山並みを間近に見えて、山頂には誰も居ない静かそうな山を求めて飯盛山に出かけてみた JR野辺山駅からそこそこ近く、電波望遠鏡も近所にあるファミリー登山的な山 夏の時期は混み合いそうなので、この時期に行けばきっと静かで有ろうと思ったのが登山の動機です


登山ルートruto
獅子岩駐車場ruto 飯盛山ruto 平盛山ruto 小ピークruto平沢山ruto 獅子岩


獅子岩駐車場 地図 → mapion マップコード  359 040 374*78 
駐車場標高1146m 緯度: 北緯 35° 55′ 54″ 経度:東経 138° 27′ 34″

 獅子岩駐車場から飯盛山

獅子岩駐車場
登山口
▲ 獅子岩駐車場
▲ 登山口

前日の夜に駐車場に着くと駐車場は20cmほどの積雪があり、誰も居ない 駐車場正面にはスキー場を照らす照明がわずかながら暖かさを感じる 気温は-15℃で とても寒い 翌朝数台の車の音が聞こえ、この時期でもこの山に登山する方が居るのかと思っていたが、外に出てみると三脚を並べるカメラマンの姿だった 駐車場は広く50台は楽に駐められるところで、トイレと売店も有るがこの時期は使えない


八ヶ岳
有刺鉄線
▲ 八ヶ岳
▲ 有刺鉄線

余りに寒いのと行程が短い山なので遅めの出発 駐車場から赤く染まる八ヶ岳を写そうかとも考えたが、スキー場が目障りで飯盛山に登ることにする 登山口は道路を 隔てて向かいにあり、登りはじめる 踏み後は解るがワカンを忘れて駐車場に戻り、再び山に取り付く


八ヶ岳

▲ 登山道から八ヶ岳

三ツ頭と権現岳

▲ 三ツ頭と権現岳

看板
有刺鉄線を越える
▲ 看板
▲ 有刺鉄線を越える

登山道に看板が現れ平沢山に行く案内が無いが、直登せずにトラバース道に向かう 柵の外に出ると開けた場所に出る 樹林帯の登山道で日もまだ差さない 山の南側は放牧地なので有刺鉄線が張られていてその脇を歩くことになる 霧氷がキラキラと輝き嬉しい


草につく霧氷

▲ 草につく霧氷

甲斐駒ヶ岳

▲ 甲斐駒ヶ岳

茅ヶ岳と富士山

▲ 茅ヶ岳と富士山

富士遙か
南アルプス
▲ 富士遙か
▲ 南アルプス

茅が岳の奥に富士山が見え、南は南アルプスなかなか雰囲気がよい登山道である 雪質は意外に良く軽めの雪質です


輝く霧氷

▲ 輝く霧氷

トラバース道
分岐
▲ トラバース道
▲ 分岐

細いトラバース道を行くとまた違うコースと合流するが、こちらは踏み後がない 逆光ではあるが樹氷が綺麗


輝く霧氷

▲ 輝く霧氷

輝く霧氷

▲ 輝く霧氷

登山道
飯盛山
▲ トラバース道
▲ 分岐

また登山道脇は針金が巻かれていてその脇を進むと目の前に飯盛山が現れてちょいと登る 山頂には当然誰も居なく自分だけ占有 山頂から見晴らしが良く自分だけの100名山と言っても良いと思う


平盛山
平盛山
▲ 平盛山へ
▲ 平盛山

山頂から八ヶ岳を眺めているとやはり地球は丸いのかと、思ったりもする 風は北風で日が当たっても寒い 長い時間山頂を占有した後、平盛山に向かう


霧氷

▲ 霧氷

霧氷

▲ 霧氷

平盛山
飯盛山
▲ 平盛山へ
▲ 平盛山

飯盛山からは北側にあるピークの小さな山でこの辺は夏の時期はニッコウキスゲが沢山咲くと思われる、丘のようなところで北側には浅間山が望める


小ピーク
雪に隠れる
▲ 小ピーク
▲ 雪に隠れる

平盛山で登山を終えるには面白くないので、金峰山に続くルートをちょいとかじってみることにする この先は十文字峠に続くが小ピークをふたつ越えた当たりで、明日も登山の予定があるので無理をせずに十文字峠に行かずに引き返す


平沢山と八ヶ岳

▲ 平沢山と八ヶ岳

平沢山
平沢山
▲ 平沢山
▲ 平沢山

平盛山に戻りパスした平沢山に向かう ここもゲートのような所を潜り、わずかに登る ここまで来るとキラキラしていた霧氷はみな飛ばされて、ちょっと損した気分。。 浅間山も見えるがかなり遠くで、霞んだように見える


笹尾根から八ヶ岳

▲ 笹尾根から八ヶ岳

権現岳

▲ 権現岳

赤岳

▲ 赤岳

平沢山
平沢山
▲ 平沢山
▲ 平沢山

平沢山も丘のようなピークで樹木があるので、360度視界がよいわけではない ここからは下りで、下山中にようやく数人の登山者とすれ違い道路に出る


獅子岩駐車場
獅子岩
▲ 獅子岩駐車場
▲ 獅子岩

道路は凍結していて凍結防止剤など撒かれていない 駐車場に戻るのはまだ早いので駐車場隣にある 獅子岩に立ち寄ることにする だれでも簡単に登れる岩で危険な感じはない ここからは八ヶ岳まで障害になる山はないので八ヶ岳の稜線を眺めるには良いところであると思う 駐車場に戻り 登山は終了 八ヶ岳の東側の道路は凍結路が多く、対向車とする違うのに待機することもあった小渕沢の近所にある鹿の湯で冷えた体を温めて北八ヶ岳に向かう


国土地理院の電子地形図(タイル)に登山ルートを追記して掲載

飯盛山登山グラフ

▲ 飯盛山登山グラフ