Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録>塔ノ岳から鍋割山 山行記録 後編

塔ノ岳から鍋割山

後編

Mt.tounodake Mt.nabewariyama

2012/01/28

天候 28日 晴れのち小雪

鍋割山

塔ノ岳 1491m 鍋割山 1272m 標高差 1181m 沿面距離 18.2Km

塔の岳は丹沢山地の南部に有る山で、以前から丹沢山系に出かけようと計画していたが、樹氷になるのはタイミング合わないとならないので、そんなタイミングを待って いてはいつまで経っても出かけられないので、東京に雪が降った週に下見気分丹沢を訪れてみた


登山ルートruto 大倉 6:00ruto 大倉高原山の家 ruto 見晴小屋 ruto 駒止茶屋 ruto 花立山荘ruto 塔ノ岳 ruto 小丸 ruto 鍋割山 12:20ruto 後沢乗越 ruto二俣 ruto 大倉駐車場 16:00


大倉有料駐車場 地図 → Mapion マップコード 57 860 109*58 
駐車場標高289m 緯度: 北緯 35° 24′ 12″ 経度:東経 139° 10′ 11″

塔ノ岳から鍋割山

黒い雲
金冷し
▲ 黒い雲
▲ 金冷し

塔ノ岳から細い登山道を下り始めると上空には黒い雲が漂い始める 風も感じるが大したことはない 登山道脇には吹雪が作るセッピ状の残雪が見られたがほんの一部分のみ


登山道
小丸
▲ 登山道
▲ 小丸

看板が有る金冷しの分岐から鍋割山の登山道でアイゼンを外して樹林帯を行く鍋割山に向かわれる方は数ないようで他の登山者と忘れた頃に会うぐらいで静かそのもの  踏み後はしっかりしているがまだ細い感じである


鍋割山
登山道
▲ 鍋割山
▲ 登山道

小丸尾根分岐から大倉尾根や花立山荘が見られるが、小丸尾根はあまり使われていない様子で踏み後もわずか 小丸で1本入れて木々の隙間から尾根の様子を伺う  ここまで小ピークを何回か越えて着たが階段は雪に隠れていた 小さなピークの中央に山小屋がわずかに見えてくる 気温も上がり残雪は茶色を帯びてくる 右手に蛭ヶ岳と丹沢山が見えやはり この領域が良さそうな気がする蛭ヶ岳の姿は鍋割山手前から望むと良い姿をしている 時々富士演習場の訓練か鹿狩りの銃声かドーンと音が聞こえる あまり気分がよい物ではない


蛭ヶ岳

▲ 蛭ヶ岳

丹沢山

▲ 丹沢山

鍋割山
鍋割山荘
▲ 鍋割山
▲ 鍋割山荘

鍋割山山頂に着くとこんなに居たのかと思うぐらい登山者が多い ここも眺めが良いはずの山ですが、すでに雲に被われていて見晴らしが効かない


鍋割山荘
階段
▲ 鍋割山荘
▲ 階段

鍋割山荘で時間もまだあるので名物の鍋焼きうどんを頂く 小屋内部はこたつが並び皆靴を脱いで寛いでいる 靴を脱ぐ気になれず長イスでうどんを頂いた 皆うどんを 注文するので小屋の主はうどん作りで暇がない 何か情報を得ようと耳を傾けるが何も有られず小屋をでる 鍋割山荘から下山すると雪はなくなり長い急な登山道を下る 先行する方を抜くが その方は、かなり寒がっていておまけに夏靴。。他でも軽装な方が居たがこの山はそんな所なのか ちょいと疑問に思う


後沢乗越
沢
▲ 後沢乗越
▲ 沢

それと今年は近年になく冷え込んでいると思って居るのは自分だけか? 後沢乗越から二俣に向かう 落ち葉が多い登山道を過ぎると小さな滝と沢に出る 沢を下るとまた 沢に出て橋を渡る


ミズヒの沢
ペットボトル
▲ ミズヒの沢
▲ ペットボトル

上流はミズヒの沢と呼ばれる所みたいで水の流れもわずか 橋を渡ると水を入れたペットボトルが大量に置かれている 沢の水は使わないようでご協力を頂ける方は 担いでご協力をお願いしている様子


勘七沢下
林道
▲ 勘七沢下
▲ 林道

長い林道を行くとまた沢に出る 橋もあるが冬靴なので沢をバシャバシャと徒渉する この辺りの樹木はあまり大木が見当たらない 日があまり差さないのか皆若い樹木 ばかりが生長している


二俣
林道ゲート
▲ 勘七沢下
▲ 林道ゲート

二俣の分岐に出る やはりここから上り詰める方は少ない 林道ゲートがあり長い林道を進むがこの道でよいのかと思うが、わざかずつ登山者が現れてては先行して行く この山域は 県民の森とあり水源確保に使われているようだ 酪農をしているのか牛の鳴き声を聞きながら進むと畑が現れ民家の横を行く アスファルトの道路でたぶんこっち?と適当に有るとくと看板が有り大倉に向かう


大倉戸川公園
有料駐車場
▲ 大倉戸川公園
▲ 有料駐車場

大倉戸川公園に着くとバスに登山者が沢山乗っていた 施設横には沢山のクルマがあり16時半を過ぎるとゲートが閉じてしまうのにまだ沢山のクルマが駐められていた  トイレ前には靴を洗う場所もある 真向かいの蕎麦屋横の駐車場に到着して今回の登山は終わり ちなみに駐車料金は1000円だった 丹沢の領域に入り、今まで何も感じなかったがはじめて 何かを感じることが出来た


国土地理院の電子地形図(タイル)に登山ルートを追記して掲載

塔ノ岳から鍋割山の登山グラフ

▲ 塔ノ岳から鍋割山の登山グラフ