Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています


   

御座山

Mt.ogurasan

2018/11/10

天候 晴のち曇り

御座山登山地図

御座山2112m 標高差 874m 移動距離 11.9Km

長野県南佐久郡北相木村と南相木村にある山で、上信越道を長野側から車を走らせると八ヶ岳よりも東に見える山で、アズマシャクナゲが沢山咲くのと山頂は展望の良い山でもある 冬も良し花が咲く時期もおすすめな山でもある 紅葉が終わり澄んだ山の風景を眺めに行くが結果は。


登山ルートruto 長者の森駐車場 6:15ruto鉄塔ruto合流点ruto見晴台ruto前衛峰ruto避難小屋ruto御座山ruto避難小屋ruto前衛峰ruto見晴台ruto合流点ruto鉄塔ruto長者の森駐車場13:40


御座山長者の森駐車場 地図 → mapion  マップコード 665 510 297*12 標高1240m

バンガロー
作業道
▲ バンガロー
▲ 作業道

夜明け前は満点星で、雲がまったく無かったが出発前には、雲が低く今日は晴れるのか不安になる 冷え込んでいて薄いグローブとカッパを羽織り登ることになる 駐車場を出て看板があるところから林道を進むとバンガローが建つところから山に分け入る感じになる 道は作業道と思われる道で他に登山者は居ない


鉄塔
白岩分岐
▲ 鉄塔
▲ 白岩分岐

木々の隙間から周囲の尾根が見えて雲が切れてくる 作業道は意外に長くピークを登りきると鉄塔が見え始めトラバースするように下り巨大な鉄塔下まで続く 鉄塔があるところまで下り登り返すところから通常の登山道となる 紅葉は終わり落ち葉で登山道が覆われ白岩からの分岐に出る


霧に包まれる

▲ 霧に包まれる

シャクナゲのトンネル
見晴台
▲ シャクナゲのトンネル
▲ 見晴台

つづら折りに登るが雲が流れ込んで暗くなることもある シャクナゲのトンネルを潜ると岩場の見晴台に出る 北側の山は雲で見えず、前衛峰が見えているのみ


前衛峰
急登
▲ 前衛峰
▲ 急登

カラマツの紅葉も終わり木の根が張る登山道で前衛峰まで尾根は狭く急登が続く。


前衛峰
廃道看板
▲ 前衛峰
▲ 廃道看板

前衛峰は晴れていれば見晴らしが良さそうなところであるが、どんどん雲が流れて視界は良くない この先に大きな岩があり回り込むように一度下る コルに出ると少し開けたところになるがここに看板があり下新井に登山道が通じているように矢印があるが、踏み後は見つからないし登山地図にも記載がない。。山頂は直進するだけなので間違いはないが。


避難小屋
栗生分岐
▲ 避難小屋
▲ 栗生分岐

意外にきつい尾根を登りきると小屋が見えてくる 栗生から登山ルートが小屋前にあり回り込むように進むと岩場が現れ山頂に出る


岩場
山頂
▲ 岩場
▲ 山頂

期待していた天候は悪くほとんど視界が効かない 山頂は切り立った断崖の上にありしばらく待つことにする 山頂の先にも切りたった岩のピークがあり印象的に見えるが名前が解らない。 栗生から登られた方も来ているが5人程度で静かな山である 1時間ほど粘り避難小屋に向かうと晴れた!と声が聞こえ山頂に戻ると八ヶ岳が見えてくる 岩山の先に北相木村が見えてカラマツの紅葉が綺麗だった。 急いで撮影して晴れ間は長続きしないと思いそうそうに下山する


山頂先の岩山

▲ 山頂先の岩山

雲が流れる

▲ 雲が流れる

雲が流れる

▲ 雲が流れる

北相木村

▲ 北相木村

隠れる金峰山

▲ 隠れる金峰山

雲が抜ける

▲ 雲が抜ける

雲が踊る

▲ 雲が踊る

茂来山

▲ 茂来山

登山口
駐車場
▲ 登山口
▲ 駐車場

山頂から登山口に向かうが出会った方は2名だけ。 見晴台で景色が良くなるが風がほとんどなく大きな雲に隠れていて北側の山並みは見えていない 落ち葉が乾き長い間サクサク言わせて13時過ぎに下山。登山は終わるが佐久市内を走っていると浅間山がきれいに見えていて北側の山は快晴に見えるが北風が強まり、冬の足音が聞こえる気がした


御座山登山グラフ

▲  御座山登山グラフ