Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています


奥大日岳

Mt.okudainitidake

2018/04/28

天候:晴れ

奥大日登山地図

奥大日岳2611m 標高差 179m 水平移動距離 8.7Km

奥大日岳は以前にも登ったことのある山で、夏の時期に大日岳まで行ったことがあるが雲に巻かれて展望がさえず、今回再チャレンジのため連休を利用して登ることにする


登山ルートruto
室堂8:20rutoみくりが池ruto雷鳥沢ruto室堂乗越rutoカガミ谷乗越ruto奥大日最高点ruto奥大日岳ruto奥大日最高点rutoカガミ谷乗越ruto室堂乗越ruto雷鳥沢ruto雷鳥沢ヒュッテ


 扇沢駐車場 地図 → Mapionマップコード 691 492 755*73 標高1390m

みくりが池温泉
雄山
.
▲ みくりが池温泉
▲ 雄山

扇沢から始発のバスに乗り、待ち時間がほとんどなく朝一番に室堂に到着 登山届を提出して外に出ると眩しいほどの光の強さ 観光客はまだ少なく雄山を望むと稜線はとても雪が少ない 立山に訪れるのは11年ぶりで懐かしさもある


新室堂乗越
稜線にでる
.
▲ 新室堂乗越
▲ 稜線にでる

山小屋3件を通り過ぎ新室堂乗越から尾根に登る 踏み抜きは少ないがザクザクしたザラメ雪で踏みあとが少なく、クラックが見えているクレバスを避けながら行く 黄砂がすでに舞い降りていて黄色く汚れた雪のところもある 所々にはクレバスが入っていているが大きく口を開けているわけでは無い


奥大日岳

▲ 奥大日岳

ライチョウ

▲ ライチョウ

はじめのピーク
2511mのピーク
.
▲ はじめのピーク
▲ 2511mのピーク

目の前に奥大日岳の尖ったピークの姿がやはり格好が良い 奥大日岳には小ピークが3つありあまり踏み後が少なく自分でステップを刻みながら進むが結構疲れる ハイマツの中で動く音がしたので振り返ると若いライチョウが茂みから出てきて食事をしている風景に出会う


亀裂がある
ハイマツの右を行く
.
▲ 亀裂がある
▲ ハイマツの右を行く

一つ目のピークを過ぎると気温が上がり始めヤッケを脱ぐ 称名川は見える範囲は雪で埋まっていているがクレバスは川の方に亀裂が入る 2511mのピークを下り目の前に奥大日岳に登る踏みあとを確認する 夏道はハイマツを通過するが夏道はまだ出ていなく縦に伸びるハイマツ帯の右を登る


薬師の左に笠ヶ岳

▲ 薬師の左に笠ヶ岳

中央奥が大日岳

▲ 奥大日岳から大日岳

猫又山

▲ 猫又山

奥大日岳のセッピ

▲ 奥大日岳のセッピ

2,611mの最高点

▲ 2,611mの最高点

剣岳

▲ 剣岳

奥大日岳
雷鳥沢ヒュッテ
.
▲ 奥大日岳
▲ 雷鳥沢ヒュッテ

2611mの最高点はセッピの上で近づけない 西に数百メートル離れた場所にピークがありようやく目的達成を確認できる看板を見つける 大日岳方向は細いセッピになっていて登る方は居ないようだ 赤い屋根もわずかに見えていて昔登った記憶を思い出そうと思うが雪山の風景は記憶とは異なる 雷鳥沢ヒュッテに戻り宿泊する 10年前と変わらず良い山小屋で昔のメンバーが居ないか気になっていたが、風呂から出て外に出ているとパイプを吸うスキー目的の方に声を掛けられほっと一安心 やはり山小屋はありがたいものです。


奥大日岳登山グラフ

▲ 奥大日岳登山グラフ