Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録> 奧黒部周回 part5

奧黒部周回 part5

okukurobe

2013/08/10-14

天候 14日 晴れ

登山風景

薬師岳 2926m 標高差 1576m 沿面距離 22.3Km

登山5日目 奥黒部周回最終日 朝早く太郎平小屋を出て薬師岳に向かう この山も外せない山のひとつで巨大なカール地形が見られる大きな山 山頂からの眺めは神々が宿るそんな山に見えた


登山ルートruto
2013/08/14 太郎平小屋3:30ruto 薬師岳山荘ruto 避難小屋 ruto 薬師岳山頂6:10ruto薬師岳山荘7:30ruto 薬師平キャンプ場ruto 太郎平小屋9:00ruto五光岩ベンチruto 折立11:35


img 奧黒部周回 Part1 奧黒部 Part2 奧黒部 part3 奧黒部 part4

太郎平から薬師岳

太郎平小屋の寝床は皆同じ向きに寝かされ頭を蹴られたりしてろくに睡眠できず、仕方なく廊下のベンチで横になるがそのうち午前三時になり自炊場の部屋でで自炊する 自分だけかと思うが他の方も何人か同じようである 外に出ると今日も雲が無く快晴である


薬師の尾根

▲ 薬師の尾根

連なる山脈

▲ 連なる山脈

黒部五郎岳

▲ 黒部五郎岳

薬師岳山荘
ザレ場
▲ 薬師岳山荘
▲ ザレ場

ヘットランプを点灯して小屋を出る 冷え込んで居てグローブと ヤッケを羽織る 薬師平キャンプ場の脇を行き、沢のような所を歩くが、ちょいと登山道から外れている道を登る 先の高い位置にヘットランプの光が光っていて間違いなさそうである  やがてガレ場のような登りになり、先行している登山者は迷っている 樹林帯を抜けると楽な登りになり、薬師岳のカールが見えてくる 黒部五郎は霞が掛かり山頂にわずかに光が当たってくる 山小屋はさらに先にあった


剣と雄山

▲ 剣と雄山

奧に剣と雄山

▲ 奧に剣と雄山

深い谷

▲ 深い谷

避難小屋前
ケルン
▲ 避難小屋前
▲ ケルン

薬師小屋で小休止して山頂に向かうがザレ場で歩きやすくはない やがてピークが見えるが避難小屋とケルンは同じ所にあり、山頂はもう少し先にある 緩い尾根を行くと山頂手前はガレ場でようやく山頂に着く  日本海側は黒く横に延びるすじが出て居て日本海は見えない


縦走路

▲ 縦走路

薬師のガレ場

▲ 薬師のガレ場

薬師岳山頂
薬師岳山頂
▲ 薬師岳山頂
▲ 薬師岳山頂

ハイマツ帯を抜けると爽快な風が流れ 山頂に着く 山頂は大きな岩が目立つ所で植物の姿はない殺伐とした所である


雲ノ平と穂高

▲ 雲ノ平と穂高

薬師如来
ケルンの内部
▲ 薬師如来
▲ ケルンの内部

ここからは、立山の雄山に続く山が見えている ここから立山に向かう方も居た 東側は槍から穂高までよく見える 山々がきれいに見えてやはり 登って正解でした 山頂には薬師如来を奉る建物があり、ガラス張りの中に薬師如来さまが奉られていて、お参りする今回ようやく山頂で神様に会えた 早朝見えて居た 黒部五郎の彼方には笠ヶ岳、乗鞍岳、御嶽山が見えて居る かなり長い間山の眺めを堪能した後下山に取りかかる


黒部五郎岳

▲ 黒部五郎岳
百名山が四つ見える

北ノ俣岳

▲ 北ノ俣岳

避難小屋
薬師岳山荘
▲ 避難小屋
▲ 薬師岳山荘

ケルンに戻るとケルン内部にもお地蔵様が奉られて見つける 避難小屋は天井が落ちていて避難するだけの建物である ガレ場を下りながら見る北ノ俣岳は 意外にきれいに見える


ガレ場
木道
▲ ガレ場
▲ 木道

薬師岳山荘に戻り、小屋内部を眺めると改装したのかとてもきれいで新しい 営業前なのか従業員の方が居なく小屋をあとにする


黒部の谷

▲ 黒部の谷

薬師カール

▲ 薬師カール

登山道
沢のような登山道
▲ 登山道
▲ 沢のような登山道

ガレ場を下り チングルマを眺めながら下ると意外にまだ花が咲いている この辺りから大きめな岩が現れる


薬師平キャンプ場
太郎平小屋
▲ 薬師平キャンプ場
▲ 太郎平小屋

やがて沢のような登山道になり、岩の頭を歩いて行くと薬師平キャンプ場に出る 暗闇の中だった時はもっとテントが有ったようだがかなり数が少なくなる  薬師平キャンプ場横にトイレと水場があるがパスして太郎平に向かう


 太郎平から折立

太郎平小屋
登山道
▲ 太郎平小屋
▲ 登山道

宿泊した小屋は右に傾いていていつまで保つのか心配 太郎平小屋には登山指導所があり、ちょいとクマについて聞いてみた クマはこの辺りの山にはどこでも居るようで、 目撃した時間は朝の9時と夕方に折立付近で報告例があるようだ


奥に薬師岳
登山道
▲ 奥に薬師岳
▲ 登山道

太郎平小屋からとても長い尾根が続くが大きめな岩が邪魔でピッチを稼げない 高度計もなかなか下がらない 下山途中薬師はどこかと聞かれあそこと答えると遠いな、なんて声も聞こえた


折立
臨時駐車場へ
▲ 折立
▲ 臨時駐車場へ

小さなピークを何回か越えてようやく下りはじめる 樹林帯に入り涼しくなるかと思ったが、登山道に直接お日様が照りつけシャツはビショビショ。。 高度気圧計を見ながらあと500。。あと400なんて数えながら下ると高度気圧計がずれていて折立に到着する 自販機が有ったので迷わずコーラを飲む ここで4泊5日の水平移動距離68.9Kmもの長い登山が終了する 折立から臨時の駐車場に向かうと細い道に何台も車が駐まっていてこんなに着たのかと思う 帰りこの道を使うが、木々に車を擦りながら行くのは好きではない  林道から料金所の先に温泉が有ったので5日ぶりに風呂に入る 透明なお湯で気持ちよく体重計を見るとここまでやせたかと感心した


奧黒部周回 Part1 奧黒部周回 Part2 奧黒部周回 part3 奧黒部周回 part4


国土地理院の電子地形図(タイル)に登山ルートを追記して掲載

薬師岳登山グラフ

▲ 薬師岳登山グラフ

薬師岳から太郎平に咲く花

イワショウブ
チングルマ
ニッコウキスゲ

キンコウカ
ハクサンイチゲ