Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています


大台ヶ原

oodaigahara

2017/08/12

天候:晴れのち曇り

大台ヶ原 登山地図

日出ヶ岳1695m  標高差 123m 水平移動距離 5.6Km

大台ヶ原は奈良県と三重県の県境にある山で、百名山のうちの一つに選ばれる山である 晴天率が低く雨が多いイメージの山であるが天候が良さそうなので今回どんなところか訪れてみた 国道309号の上北山村側からは夜間通行止めで手前にある道の駅などで仮眠して行く必要がある


登山ルートruto
大台ヶ原ビジターセンター6:40ruto水場ruto分岐ruto日出ヶ岳7:20ruto正木嶺ruto正木ヶ原ruto尾鷲辻rutoビジターセンター9:15


 大台ヶ原駐車場 地図 → Mapionマップコード 747 041 329*61 標高1572m

大台ヶ原駐車場
登山口
▲ 大台ヶ原駐車場
▲ 登山口

東京から長いこと渋滞を避けてようやく大台ヶ原に着くが駐車場は7割ほどの車が駐められていて人気の山である 標高が有るので暑さは感じずに仮眠ができた 翌朝起きると三脚を持った方が下山してくる 駐車場に居るときは晴れていたが西から雲が流れているのが解りもっとゆっくり行こうと思ったが早めに登ることにした


登山道
水場
▲ 登山道
▲ 水場

登山口はビジターセンターがある駐車場の隣から登ることになる 初心者でも手軽に行ける山なので整備がされ歩きやすい 水場が有り冷たい水を頂き、この辺りから登るようになる


階段
笹原
▲ 階段
▲ 笹原

分岐に出て展望台を過ぎると階段になる 何か花が咲いていないか探すが樹木のリョウブかイワオトギリがわずかに咲いているだけである 笹原を見ながら登ると山頂に出る


山頂
雲の切れ間
▲ 山頂
▲ 雲の切れ間

展望台があり晴れていれば、ここから海が望めるはずが濃霧に包まれてやはり早立ちした方が良かったと後悔する


階段
正木嶺
▲ 階段
▲ 正木嶺

山頂から降りテラスがある分岐からまた登り始め階段をまた登る 低い木々を潜るように行くと視界が開ける 台風で倒された倒木が沢山有り独特の風景を見せている


長く伸びる木道

▲ 長く伸びる木道

東の山脈

▲ 東の山脈

倒木

▲ 倒木

倒木の風景

▲ 倒木の風景

霞む大峰山地

▲ 霞む大峰山地

流れる雲

▲ 流れる雲

鹿のいたずら
正木ヶ原
▲ 鹿のいたずら
▲ 正木ヶ原

低い木々は幹がよく見えていえて、コースガイドによると鹿により食べられたあとで鹿が背伸びをして食べられ地面に近い葉や枝が無くなった跡らしい 正木ヶ原は広場のような所であるがここも鹿にほとんど笹原で花は咲いた跡がない


尾鷲辻
尾鷲辻
▲ 尾鷲辻
▲ 尾鷲辻

整備された登山道を下り、尾鷲辻に来るとここから先大蛇嵓に行こうとしたが、長時間の運転のだるさがドット出て体長優れずにビジターセンターがある駐車場に戻る 登山なのか観光なのかいろいろな方がいて駐車場は人手が多い山であった


大台ヶ原登山グラフ

▲ 大台ヶ原登山グラフ