Mountain Hiker
このページは山行記録を表示しています

HOME山行記録 >守門岳

ヒメサユリ咲く

守門岳

Mt.sumondake

2008/07/05

天候:曇り

守門岳

守門岳 1537m 標高差 1059m 沿面距離 11.6Km

守門岳は日本二百名山に入る山で大岳、青雲岳、袴岳の三つのピークからなる山である 友人のお誘いで、ヒメサユリが咲く守門岳に登る ここ越後の山は、はじめて登山する所で沢山の花と 出会えることができた 交通ルートは関越小出ICから国道252号で田子倉ダムに向かい 魚沼市入広瀬に看板があるので、それを目当てに行き二口登山口に向かう


登山ルート  守門岳登山口5:50ruto保久礼小屋rutoキビタキ清水ruto 大岳ruto二口ruto青雲岳ruto守門岳13:15ruto 滝見台ruto登山口16:50


二口登山口駐車場 地図 → Mapion マップコード 512 805 837*47 標高480m
 緯度:北緯 37° 23′ 38″ 経度:東経 139° 5′ 17″

二口登山口
登山地図
▲ 二口登山口
▲ 登山地図

早朝 道の駅、いりひろせの駐車場で仮眠してから二口登山口に車1台で登山口向かう 遅く行くと駐められそうにないので、相乗りです 二口登山口の駐車場は20台以上留められるところで, すでに数台の車が泊まられていた6時前に二口から山に取りつく


保久礼登山口
保久礼登山口
▲ 保久礼登山口
▲ 保久礼登山口

二口から保久礼小屋に向かう道は林道でヤマアジサイが咲いていた この先にも駐車場はあるが,大岳周辺にヒメサユリが咲くので大岳廻りで保久礼に行く 駐車場を過ぎると本来の登山口に 出るが、あまり人に踏まれていない林道の登山道で、やがて通常の登山道の登りになる


保久礼小屋
湧水
▲ 保久礼小屋
▲ 湧水

暗い樹林帯を行き、保久礼小屋に6時50分に着く、小屋の前には湧水がわく 水は塩ビのパイプから流れ出ていて冷たく美味しい 小屋裏手にはトイレもある 小屋で内部は、薪などを使い自炊 した匂いがしてこの小屋はちょいと使いたくない印象


保久礼
キビタキ清水
▲ 保久礼
▲ キビタキ清水

休憩の後大岳に向かうが長い階段が待っている このルートは人気がないのかあまり登山者と会わない


キビタキ清水
不動平
▲ キビタキ清水
▲ 不動平

階段の途中にはキビタキ清水があり、ここでも冷たい湧水を頂く 水量はわずかでチョロチョロと流れ出ていた気温が上がり汗だくになる ここにも避難小屋があるが立ち寄らなかった 前夜の酒が残っているのか 大してきつくない登山道もかなり辛い


天狗岩屋清水
大岳
▲ 天狗岩屋清水
▲ 大岳

蝉の鳴き声はアッチーアッチーとうるさいくらいの鳴き声である 不動平は見晴らしの良いところで休憩 ここから日本海も見えるはずだが、夏の雲に覆われて残念。大岳手前に天狗岩清水が あったが、登山道から離れていたようでパスする


守門岳
トンボ
▲ 守門岳
▲ トンボ

10時過ぎに大岳に着くと守門岳が目の前に見えるはずだが、雲に覆われる 友人は山並が見られたそうだ ここではトンボの大群でものすごい数のトンボが飛んでいた 風は全く吹かず30℃は越えていてとにかく熱い


ヒメサユリ

▲ ヒメサユリ

ヒメサユリ
残雪
▲ ヒメサユリ
▲ 残雪

大岳から山の花が多く見られるようになる ガクウラジロヨウラクやヒメサユリの色彩が目を楽しませてくれる ヒメサユリは大きめなユリで、 山の上でこんなに鮮やかなピンク色が出るとは不思議な物 新潟から福島に掛けての山沿い で見られる花のようです


ガクウラジロヨウラク

▲ ガクウラジロヨウラク

ミヤマクルマバナ

▲ ミヤマクルマバナ

蝶

▲ 蝶

アカモノ
青雲岳分岐
▲ アカモノ
▲ 青雲岳分岐

雲が晴れないので青雲岳に向かう 登山道の周りには沢山の高山植物が咲いている 写しながら行くと青雲岳に12時半と時間が掛かってしまう 自分はここまで来ると夏バテに近い状態で青雲 岳で長い休憩になって友人の足手まといになってしまう ヒメサユリは大岳周辺しか見ることが出来なかった


青雲岳
守門岳
▲ 青雲岳
▲ 守門岳

青雲岳は広い湿原の様なところですがあまり花は咲いていない 木道が山頂手前まで着いているが、山頂手前から深い樹林帯を行き守門岳に到着する


守門岳

▲ 守門岳

青雲岳

▲ 青雲岳

羅針盤
滝見台
▲ 羅針盤
▲ 滝見台

守門岳に13時過ぎに着くと山頂は、人だらけで休むところがない 晴れてくれないかと待つがぼんやりと山並が見える程度 ここも晴れていれば見晴らしが利きそうなところで羅針盤もある


オカバミ滝

▲ オカバミ滝

ブナ林

▲ ブナ林

守門岳から大岳分岐に戻り、長い樹林帯を下る この登山道も粘土層の登山道で滑りやすい 滝見台から滝の眺めが良いがバテバテ状態で歩いては休みを繰り返す 護人清水まで来るとブナの林でぶな林が 綺麗であるが、水場は枯れていた 二口登山口に着いたのが17時前と時間が掛ってしまう 梅雨時期ではあるが、曇りでもここまで気温が上がるとは。。これも経験不足。。翌日は浅草岳が待っている


国土地理院の電子地形図(タイル)に登山ルートを追記して掲載

守門岳登山グラフ

▲ 守門岳登山グラフ

守門岳に咲く花

エゾアジサイ
ギンリョウソウ
アマドコロ

ガクウラジロヨウヤク
マイズルソウ
ヒメサユリ

ミヤマクルマバナ
ニッコウキスゲ
オオバギボウシ

アカモノ
イワカガミ
ゴゼンタチバナ

チゴユリ
クモマニガナ